オリジナル長編小説 「星の夢の終わりに」

少女は記憶を失って、雪原に立っていた。身にまとうは白に青の装飾が美しいコット。そして、手には長剣

が握られていた。

少女は自分が誰なのか分からなかった。全てを知る為に、ゆっくりと歩き始める……。


少年は婚約者を失っていた。謎の死だった。見つけた時には既に瀕死の状態だったのだ。残された言葉はた

だ一つだけ。「いつか、全てが分かる時がくる……」

少年は苛立っていた。それでも、婚約者の為に生き続けていた。

二人が出会う時。<星>にまつわる雄大な物語が幕を上げる……。

 
イラスト:西山和見様
 
 

第1話

 

 世界を敵に回しても

 

第40話

 

 越えられない断層

 

第2話

 

 壁の向こう側

 

第41話

 

 雷雨の間奏曲

 

第3話

 

 差し出された手を握り返して

 

第42話

 

 街の存亡を賭けて

 

第4話

 

 セガンの発明娘

 

第43話

 

 セガン市街地攻防戦

 

第5話

 

 風の神殿

 

第44話

 

 決着をつけるために

 

第6話

 

 若き女性導師の赴任

 

第45話

 

 黒幕は……

 

第7話

 

 墓守の老木

 

第46話

 

 西風が凪ぐ時

 

第8話

 

 静かな雪の朝に

 

第47話

 

 夏の終わりに

 

第9話

 

 死者が街に来る日に

 

第48話

 

 婚約者の墓前で

 

第10話

 

 神に仕える者たちの相違点

 

第49話

 

 好きな少年は……

 

第11話

 

 砂色の髪の少年

 

第50話

 

 廃屋の密議

 

第12話

 

 彼は何をしたのか

 

第51話

 

 策謀交差

 

第13話

 

 誰にも代わりはできない

 

第52話

 

 閉ざされた扉

 

第14話

 

 街から命が消える日

 

第53話

 

 領主と騎士は同じ土地に

 

第15話

 

 最後に咲いた花は散って

 

第54話

 

 小さな抵抗

 

第16話

 

 それは誓いの形

 

第55話

 

 最後の<声>

 

第17話

 

 ナヴァール岬の幽霊屋敷

 

第56話

 

 反撃の狼煙を上げて

 

第18話

 

 <北の不動星>亭事件

 

第57話

 

 仲間がいるから

 

第19話

 

 二人と二人に別れて

 

第58話

 

 夢の御告げ

 

第20話

 

 春風の中の別離

 

第59話

 

 少女が消えていく

 

第21話

 

 反逆には理由がある

 

第60話

 

 <星>に挑む者

 

第22話

 

 神を畏れぬ者たち

 

第61話

 

 過去への扉

 

第23話

 

 反乱の裏側へ

 

第62話

 

 地下祭壇の決戦

 

第24話

 

 再び、<声>に背中を押されて

 

第63話

 

 破鏡の瞬間(とき)

 

第25話

 

 闇色の翼が羽ばたく

 

第64話

 

 夕闇に響き渡る晩鐘

 

第26話

 

 後見人の少女

 

第65話

 

 セシリアとマリアンヌ

 

第27話

 

 次の一手は見つからず

 

第66話

 

 子鬼の森にて

 

第28話

 

 打ち明けられた秘密

 

第67話

 

 諦めるわけにはいかない

 

第29話

 

 反乱を終わらせる為に

 

第68話

 

 運命の日を前にして

 

第30話

 

 蒼色の旗は倒れて

 

第69話

 

 初雪の檻(おり)

 

第31話

 

 始まりと終わりの場所で

 

第70話

 

 最後の封印は解かれた

 

第32話

 

 噴水の誓い

 

第71話

 

 乾坤一擲

 

第33話

 

 隕石のある丘にて

 

第72話

 

 君に全てを託す

 

第34話

 

 令嬢の護衛

 

第73話

 

 二千年の回廊

 

第35話

 

 思いがけない交渉相手

 

第74話

 

 星の広間

 

第36話

 

 流れは変わって

 

第75話

 

 最期の涙

 

第37話

 

 挑発、そしして分裂へ

 

第76話

 

 さよなら、セシル

 

第38話

 

 発明がもたらした突破口

 

第77話

 

 星の夢の終わりに

 

第39話

 

 一番の裏切り者

 

最終話

 

 螢火