お知らせ


2017年7月23日(日)

「昔書いた短編再収録」シリーズ第2弾として「雪童と過ごした冬」をアップしました。これもかなり昔書いたものです。まあ、こんな感じのお話も書いていたんだということで楽しんで頂ければ幸いです。とりあえず夏コミに向けて「月の土地売ります」を出す準備を進めています。輝夜が鈴仙を従えて活躍するお話です。姫様は意外と何でもできそうなイメージがあるのでアクティブな輝夜が楽しめると思います。お楽しみに!

2017年7月17日(月)

現在夏コミに向けて「東方」の二次創作「月の土地売ります」を現在書いています。ただ、本当はオリジナル長編「一千回目の桜」も書かないといけないのも事実。早くある程度書いてこのホームページに連載したいのも事実なんですが……なかなか進んでいません。なぜか5月のコミティア合わせでまとめ書きしてからどうにも調子が悪くて困っています。この前あれ程書いたのでかえって調子が狂ったのかもしれませんが……。なんとか並行して進めたいと思います。

2017年6月25日(日)

先週は更新を飛ばしてしまい済みませんでした。色々あって手が回りませんでした……。
今週は久しぶりに読み切り短編「猫をめぐる冒険」を掲載しました。かなーり昔に書いたお話です。よって文章がかなーり違います。当時はこんな感じで書いていたんだと思っていただければ幸いです。ストーリー自体はかなり気に入っています。ちなみに主人公の二人は「おてんば姫は冒険者」の方にも設定だけ変えて登場しています。今後もこんな感じで昔書いた話を載せていくつもりです。……早く書き下ろし長編を連載できればいいのですが。

2017年6月11日(日)

夏コミ(コミックマーケット92)当選しました。今回も「木蘭優駿」で参加します。おそらく秘封倶楽部スペースだと思いますが、今回は秘封倶楽部の新刊ではなく輝夜が主人公のお話「月の土地売ります」を出す予定です。鈴仙が見つけてきたチラシの謎を解くために輝夜が幻想郷を回るお話です。前から書いてみたかった輝夜が主人公を務めるお話です。秘封は……その次に出したいと思います。5月の例大祭合わせで大きい話を書いたばかりなので……。

2017年6月4日(日)

「東方」二次創作小説「永遠に終わらない秋」連載完結しました。これで「東方」の二次創作については、現在同人誌で出していない作品を全てホームページに掲載しました。そこで、次の更新あたりから旧ホームページなどで掲載していた短編小説についても掲載していくことにします。かなーり昔に書いたお話もあるので正直全部載せるのか少し迷っていますが、極力載せるようにしたいと思います。本当は現在書いている「一千回目の桜」を載せられるといいんですけどね。

2017年5月14日(日)

1ヶ月ぶりの更新です……。申し訳ないです。コミティア&例大祭の準備ならびに本番でドタバタしまくりでした。というより、まさか新刊が2冊間に合うとは思いませんでした。東方二次創作「歌聖の花」の方は何とかなると思っていたのですが、オリジナルの「審判の日」まで間に合うとは……。何とかなるものですね。ただその反動で今週は完全に燃え尽きました。というより、やっぱりというべきか抑うつ気味で正直苦しいです。調子に波があるのは何とかしたいのですが……。

イベント参加予定を久しぶりに更新しました。楽しみにしていた6/11の「杜の奇跡」ですが、申込みが遅れた挙句抽選漏れになってしまい不参加になってしまいました。仕方ないですね。夏コミも落ちないことを祈りたいです。「東方」人気落ちる気配がありませんからね……。例大祭も盛況でした。

前々から出すと言っていた「歌聖の花」も無事発行できたので、ようやくオリジナル長編小説「一千回目の桜」にも着手しました。ごく普通の女の子・香純が異世界に召喚されて侵略者たちと戦う軍に入る……的なお話です。ぶっちゃけ、私の趣味全開のお話です(笑)。「星の夢の終わりに」と並ぶ長ーい話にしようと意気込んでいますが、完成まで何年かかるやら……。

2017年4月2日(日)

先週は更新を休んでしまい済みませんでした。東京の秘封倶楽部中心イベントに参加した関係でそれどころではありませんでした。イベントは非常に賑やかで楽しかったです。秘封倶楽部でもあんなに人が来るとは思いませんでした。スペースも200ぐらいありましたからね。また機会があったら参加したいです。次のイベントはコミティア&例大祭ダブル参加です。どちらでも新刊を出そうと準備していますが……。共倒れになせないようにします。

今回から「東方」二次創作シリーズ第2弾として「永遠に終わらない秋」の連載を始めます。既にイベントでの頒布は終了している一作ですが、お楽しみ下さい。秋姉妹が主役のお話ももう一つぐらい書きたい……。

2017年3月19日(日)

東方の二次創作小説「思い出の夏―秘封倶楽部活動録―」の連載は今回で終了しました。また、来週の秘封倶楽部中心イベントに合わせて期間限定で再頒布することにしたので表紙も描き直しました。いつもの事ながら前と絵が違う……。来週のイベントが今から非常に楽しみです。秘封だけでなく、色々なイベントとの合同ですからね。他のイベントも見て回りたいと思っています。

来週からは東方の二次創作小説シリーズ第2弾として「永遠に終わらない秋」の連載を開始します。秋姉妹が主人公のお話で、同人誌版は既にイベントでの頒布は終了しているためこちらに連載することにしました。お楽しみに!

2017年2月26日(日)

今週はドタバタ続きでとてもイラストを描いている余裕がありませんでした。といってもFGOのせいではありませんが。ツイッターでも触れましたが、面白そうなゲームなのでこつこつ続けていくつもりです。キャラゲーかと思ってましたが、型月らしいストーリーゲーっぽいですよね~。「月姫」を思い出します。

一つの前の日記でも振れていますが、5月のコミティアに新刊「Steam&Bullet-審判の日-」を出すつもりです。プロットも固まって書ける目途が立ちました。ヒロインは謎の少女・サラですが、狂言回し的な存在であるキャラの方が出番が多いかも……。

2017年2月19日(日)

先週はコミティアに参加していたので更新を休んでしまいました。済みません。でも、コミティアは非常に楽しかったです。想像以上に多くの方に来ていただきました。新刊も多く頒布できたので大変満足しています。ただ……イラストの印刷がどうも汚くなってしまったのが心残りです。この点については改善策が見つかりましたので、次回からはこのような事は無いと思います。レーザープリンターでモノクロイラストを取り扱う時はもっと気を付けないと駄目ですね。

今のところ、5月のコミティアにも参加予定です。ただ、今のところ新刊の予定はありません。なにしろ翌日に「博麗神社例大祭」が同じ会場で開催されますからね。こちらには新刊「歌聖の花-秘封倶楽部活動録-」を持っていく予定です。でもオリジナルの方も「Steam&Bullet-審判の日-」を出したいです。そんなに長い話でも無いし、ストーリーも決まっているし、何とかならないかな……? 申込期限直前まで考えてみます。

2017年2月5日(日)

来週のコミティアで発行する完全着衣濡れイラスト&SS本「水に濡れる少女たち」なんとか発行の目途が立ちました。モノクロイラスト9枚にSS4本を組み合わせた20ページのコピー本です。まだイラスト1枚とSS1本が残っていますが、まあ大丈夫でしょう。需要が本当にあるのかちょっと不安ですが。

この本の作成のお陰でモノクロイラストの方も描けるようになりました。この経験を生かして、次に発行する小説本「歌聖の花」から本文中にもイラストを入れたいと思っています。やっぱり小説本の場合はイラストがあると違うみたいですからね。あと、可能であれば破壊系巨大娘のイラスト&SS本も作ってみたいです。夏コミ合わせ?

2017年1月15日(日)

イベント参加予定に6月の「杜の奇跡26」と8月の「コミックマーケット92(夏コミ)」を追加しました。おそらく両方とも「木蘭優駿」単独で参加すると思います。夏コミ「東方」は1日目なんですね……。休日で助かりました。まあ、最悪の場合「盆休み」と称して休めば問題ないのですけどね。
現在、2月のコミティアに向けて完全着衣濡れイラスト&SS本「水面の夢」の準備を進めています。モノクロイラストは10枚前後収録する予定です。本当はそれ以上描きたいのですが、さすがに量産は大変です。こんな調子ではマンガなんか描けそうにないですね。トーン処理に死ぬほど手こずっています。クリスタの操作性はSAIやフォトショップと比べるとイマイチです。
今回アップしたイラストは現在企画中のオリジナル小説「Steam&Bullet―審判の日―」のヒロイン・サラを描いたものです。思いつき半分描いたキャラを元に少しずつ企画を進めていますが、ようやく形になってきました。今年中に書ければいいのですが。その後に長編「一千回目の桜」かな……?

2017年1月2日(月)

2017年最初の更新です。
まずは連載作品のお知らせから。1作目は「東方project」の二次創作「思い出の夏-秘封倶楽部活動録-」です。ふとしたことから幻想郷の香霖堂に迷い込んだ秘封倶楽部のふたりが、そこで霊夢と知り合いになって始まる物語です。かつて同人誌で頒布していたのですが、頒布終了に伴いホームページで連載することにしました。
2作品目はオリジナル長編小説の「東風の少女(第1部)」です。かつて……10年以上前に旧ホームページで連載していた作品ですが、最近再連載のリクエストがあったことから連載を始めることにしました。本当は3部構成なのですが、全部書くのはちょっと難しいかも……。

続いては今年の頒布予定です。いずれも無料頒布ですが……。まずは2月のコミティア合わせで完全着衣濡れな女の子のイラストとショートストーリーを集めた同人誌(タイトルはまだ未定)を頒布する予定です。コピー本なので本文はモノクロですが、現在製作中です。完全着衣な女の子を濡らしてしまうのは楽しい(ぼそっ)。続いて3月のイベントに合わせて東方の二次創作小説最新作「歌聖の花-秘封倶楽部活動録-」を発行する予定です。これも現在執筆中ですが、秘封倶楽部と西行寺幽々子が共演するお話です。その後は……ちょっと未定ですが、東方とオリジナルで1作ずつぐらいは出したいと思っています。あと、連載が完結したばかりの「反逆の従者-箱庭世界の巨大少女剣士-」についてもコピー本で良ければ出そうかな……と思っています。手間とコストがかさむのが問題ですが、需要があれば……。

2016年12月25日(日)

今年最後の更新です。今回で「道化師は闇に笑う」も完結です。ご愛読、ありがとうございました! 何とかけりがついたので、新しい気持ちで新年を迎えられそうです。

さて、次回からの連載作品ですが、再連載のリクエストがあった「東風の少女(第1部)」の連載を開始します。旧ホームページでも連載していた作品ですので「再連載」となります。ふとしたことから西暦1276年の九州にタイムリープした少女・風香の活躍を描く長編です。詳細は次の更新で触れます。
もう一つはかつて同人誌で無料頒布していた「東方」の二次創作「思い出の夏―秘封倶楽部活動録―」です。頒布を終了したのでこちらで公開させてもらいます。現在も続いている「秘封倶楽部活動録」シリーズの1作目です。お楽しみに!

2016年12月18日(日)

「反逆の従者-箱庭世界の巨大少女剣士-」ついに完結しました。いやー長かったです。思えば、ブログ「街破壊巨大少女幻想」に最初の読み切り版を載せたのが2013年4月だったので、かれこれ3年8カ月かかりました。まあ、途中1年以上小説書き自体を休んでていた時期もあったので仕方ないですが……。昨年9月の再開から数えても1年4カ月もかかったのは誤算でした。今まで長かった小説でもスタートから完結まで2年3ヶ月で済んだので尚更です。

それでも、「終わりよければ全てよし」です。最後は思ったよりすっきりとまとりました。まあ、オチは決まっていたので当然かもしれませんが……。今回で巨大娘系の連載小説は完結ですが、いずれまた別の話を書きたいとも思っています。ネタはまだ浮かんでいませんが……。

「反逆」も無事終わったので、次は来年3月のイベントに向けて「歌聖の花―秘封倶楽部活動録―」の執筆に入ります。

2016年12月15日(木)

「反逆の従者-箱庭世界の巨大少女剣士-」第9話-5更新しました。ついに次回で完結です! 今回のストーリー展開は大筋では予定通りだったのですが、一部は土壇場で変更しています。この方が色々と後腐れが無いので……。次回は第9話-6とエピローグを掲載します。

2016年12月7日(水)

週末に更新したかったのですが、やっぱり無理でした。まあ、土曜日の夜予想以上に天気が良くて望遠鏡を引っ張り出してしまったのも悪かったですが……。この時期の晴天は珍しい上に月明かりも無かったのでまあ、仕方ないですね。お陰でいい写真が撮れましたし。もうすぐ雪も積もるので今年の観測はこれで終わりになるかも?

「反逆の従者-箱庭世界の巨大少女剣士-」第9話-4更新しました。いよいよラストバトル開始です。やっとここまでこぎつけました。最後なのでやっぱり箱庭世界でのバトルも入れてみました。ただ、本当は響の出番は無い予定だったのですが……。まあ、沙耶が引っ張りこんだということで。

2016年11月30日(水)

またもや更新が飛びました。本当に申し訳ないです。前からなのですが、どうも2ヶ月に一度前後のサイクルで気分が酷く沈んで創作意欲が衰えてしまいます(仕事は何とかこなせるのですが、趣味の方がどうにも……)。しかも昨日から胸郭出口症候群という病気……神経痛のせいで右腕が痛くて仕方ありません。鎮痛剤などで誤魔化してはいるのですが、デスクワークが多い仕事&趣味なのでどうにもならないようです。それでも何とか「反逆の従者」の続きは書き上げました。完結まであと少し、です。本当は月曜日には書き上げたかったのですが……。

2月のコミティアに申し込みしました。pixivにも載せたのですが、前々から出したいと思っていた「完全着衣wetイラスト&小説本」を無料頒布する予定です。制服や私服などに身を包んだ少女たちが色々なシチュエーションでびしょ濡れになる本です。まあ、ぶっちゃけ自分が読みたいから出すのですが……同人ってそういうものですよね。何とか頑張って出したいと思っています。

2016年11月5日(日)

今回のトップページのイラストは「港町の守護巫女」です。2年ぶりのイラストですが、やっぱり描いてて楽しかったです。この二人、好きなんですよね~。真面目な性格の佳奈とボーイッシュでお調子者の先輩・琴美の組み合わせはちょっとだけ百合っぽいですしね。巨大化した女の子の話が書きたくて書いたお話ですが、今でもお気に入りです。本当は続編もやってみたいのですがネタが無いです……。

2016年10月23日(日)

今回は通常のタイミングでの更新です。連載小説「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」第8話完結編も掲載しました。後は次の第9話で完結です。何とか年内完成の目処がたちました。一時はどうなるとかと思ったんですけどね……。何とか完成させてみせます。

ブログの方で触れていますが、ここしばらくは天体観測……というより天体写真三昧です。やっぱり新しい観測機材がまとめて入ると意欲も上がります。SXP赤道儀はやはり使い易いです。ビクセン・タカハシの鏡筒を自在に載せ替え出来る上に天体の自動導入も非常に精度が高くて、SXW赤道儀の時のようなストレスが無くなりました。天体望遠鏡のFC―76DCも期待していた通り、「撮りたかった写真」が幾らでも撮れるようになりました。このあたりはさすがは高橋製作所の望遠鏡だと思います。このあたりの詳しい話はまたブログでします。

「イベント参加予定」にも掲載していますが、来年3月開催される秘封倶楽部中心イベント「境界から視えた外界―至―」に参加する予定です。「秘封倶楽部活動録」シリーズ最新作「歌聖の花」を出す予定ですのでご期待ください。……「歌聖の花」はずーっと出す出すと言ってて出してないのでそろそろ何とかしたいです。

2016年10月18日(火)

久しぶりの更新です。更新が飛びまくって申し訳ないです。一番の理由はやっぱり連載小説がなかなか書けないからです。ようやく調子が戻ったので一気に書き上げてアップすることができました。あと他の理由としては「東方紅楼夢」⇒「博麗神社秋季例大祭」というイベントのコンボも理由の一つです。実はイベントにした後は疲れが酷く出てしまい、創作意欲が無くなってしまうんですよね~。これも歳だからでしょうか? 後さらに言うならば、天体観測も理由の一つです。つい夢中になって夜中過ぎまでやってしまうので酷い寝不足と疲れに悩まされる羽目になります。まあ、新しい機材も入ってきて張り切っていることもありますが。
ブログの方に最近の天体観測と「東方紅楼夢」に合わせて西行にまつわる土地を巡礼してきた時の話を載せていますので是非ご覧になって下さい。

それにしても。来年春のコミティアと例大祭は連チャンで開催されるのですね~。どっちも出るつもりで準備します(笑)。

2016年9月18日(日)

いきなり更新を飛ばしてしまい、申し訳ありませんでした。どうしても小説の続きが書けず、更新を見送りました。30年も書いているのに小説は難しいです……。

ブログ「水面の夢」をfc2に引越ししました。といっても、約1年更新していなかったのですが……。これからは少しは着衣濡れ系にも力を入れていきたいです。巨大娘の方はそれなりに需要があるのですが、着衣濡れの方はその十分の一程度といったところでしょうか? でも裸とかだけがエロではないと思っています。

2016年9月4日(日)

先週予告したように、「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」の連載を再開しました。いよいよ物語も大詰めですが、もちろん箱庭世界でのバトルもちゃんと用意していますのでご期待ください。順調にいけば年内には完結するはずです。その後、コピー本ではありますが、3冊構成の同人誌にして無料頒布する予定です。ただこれをやると表紙のイラストを3枚も描かないといけなくなるのが問題です。本当は文章書きなのに何をやっているんだか……という気にはなりますが、まあ昔を思うと贅沢な悩みですね(ちなみに昔はまったくイラストを描けませんでした)。
ちなみに破壊系巨大娘専門ブログ「街破壊巨大少女幻想」も無事7周年を迎えることができました。こちらの方も一層のご愛顧をお願いします。

2016年8月28日(日)

トップページでも触れていますが、「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」の連載を来週から再開します。さすがにこれ以上待たせるわけにはいきませんからね。今回で完結させるように頑張りたいです。

2016年8月21日(日)

久しぶりにトップページのイラストを更新しました。前から描きたかった女子高生早苗です。この子も結構好きなのですが、あまり描かないのでちょっとだけ新鮮でした。にしても、また画風が変わったような気がします。描き初めて7年になるのですが、まだ画風が安定していません。いつまで続くんだろう、この状態……。ちなみに2年前に描いたイラストを見てバランスの悪さにびっくりしたのはつい先日です。

2016年8月14日(日)

まずは夏コミお疲れ様でした!(これ書いている時点ではまだ3日目の只中ですが) とにかく予想外な展開が続いたイベントでした。サークル入場はスマートに出来たのですが、いざ着いてみると自分のスペースに他の人がいる? ……おかしいと思いよーく確かめたらなんとスペース番号を勘違いしてました。ずーっと大文字の「I」だと思っていましたが、実際は小文字の「l」でした。こんなの絶対の間違えるって……。告知も完全に間違っていたので凹みましたが、気を取り直して準備して本番を迎えました。お向かいは秘封倶楽部の小説で有名な浅木原さんのサークル(この方の影響もあって秘封倶楽部の小説を書くようになったのですが)で、開幕直後から凄い行列ができていました。お隣も次々に新刊がはけていくのにウチのスペースには誰も来ない……。やっぱりコピー本オンリーでは無料頒布でも駄目かと思いながら、早々に買い物に行って来ました。で、戻って来たあたりからいきなりお客さんが来るようになりました。30部用意した新刊は11時半には無くなってしまい、これまた30部近くあった秘封倶楽部の小説本も無くなってしまう始末。開始直後の予想とは逆の結果に唖然とするばかりでした。でもまあ……。

今回スペースに足を運んでくださった皆様、大変ありがとうございました!

というわけで、私の夏コミも無事終わりましたので、ずーっと休んでいる「叛逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」の連載再開に向けて執筆を再開します。9月ぐらいには連載再開できるといいのですが。

次の大型イベント参加は10/9の「東方紅楼夢」(初参加)、10/16の「博麗神社秋季例大祭」となります。紅楼夢の方は既にスペースを頂いていますが……。参加サークル一覧を見てたら行きたいサークルがいっぱいありました(笑)。というより、西の方に住んでいる為か例大祭やコミケに参加していないサークルも結構あるんですね。今から非常に楽しみです!

2016年8月7日(日)

来週がいよいよ夏コミ本番ということもあって、今週は縮小モードです。イラストも描いている暇がないので無しです。今は新作「直線の檻」の執筆を続けています。何とか間に合わせたいのですが、まだまだ微妙なところです。冬コミは不参加が確定しているので、今回出しておかないと厳しいです。

まだ「直線の檻」は完成していませんが、今後の展開についても少々触れておきます。「直線の檻」が完結したら、一時休載になっている「反逆の従者-箱庭世界の巨大少女剣士-」の執筆を再開する予定です。ある程度まとまった段階で連載再開する予定ですので、お楽しみに!

2016年7月31日(日)

夏コミ合わせの新刊「直線の檻―秘封倶楽部活動録―」の表紙イラストをアップしました。にしても、秘封倶楽部を描くたびに絵が違うのはどうにかならないものでしょうかねえ……(笑)。昨年の「かぐや姫の帰還」とも違いますからね。まあ、それはとにかく急いで本文を仕上げます。ページ数は20~24ページの予定ですので、そんなには長くならないと思います。

2016年7月24日(日)

夏コミ合わせでノベルゲーム「文と恋する幻想郷」を製作していた関係で、完全に更新が止まってしまいました。今回はとっっても大変でした……。でもまあ無事マスターアップしたので更新を再開します。

夏コミの新刊ですが、当初予定していた「歌聖の花―秘封倶楽部活動録―」はとても間に合わないので、予定を変更して短編「直線の檻―秘封倶楽部活動録―」を出します。「直線の屋敷」に閉じ込められた少女・フランデアン(フラン)を助けるために、秘封倶楽部のふたりが隠された謎に挑むお話です。あ、ちなみに舞台は京都です。幻想郷ではありません(笑)。プロットは既に切り終えているので後は書くだけですが……。間に合うのやら。

先日から「ポケモンGO」が大変話題になっていますが、ポケモンには興味のなかった私もこのゲームには興味津々です。何と言っても拡張現実がついに一般的なゲームに使われる時代が来たと思ったからです。「ポケモン」が生まれた頃には考えられなかったでしょうね。ちなみにもっと興味が有るのは「ポケモンGO」の元となったゲーム「Ingress」です。現実世界を舞台とした陣取りゲームなのですが、これを聞いた時に「やられた~」と思いました。遠い昔、小説でこれと似たようなことをやりたくてプロットを切ったことがあったからです。当時(1991年頃)はとてみこんな事はできなかったのですが、この手もあったんですね……。また小説でやってみたいです。

2016年6月5日(日)

先週は更新を飛ばしてしまい済みませんでした。福島競馬場で日本ダービーを観戦して帰ってきたら疲れきっていてそれどころではありませんでした(その前日に天体観測もしたし)。ちなみにダービーは3連単完全正解でした。……ただ、あまりに鉄板過ぎて赤字になりましたが。もう少し荒れると思っていたのですが。まさか完全正解でこんなに複雑な気分になるとは思ってもみませんでした。

サークル参加予定を更新しました。申し訳ないですが、6/12の仙台コミケと7/3のガタケットは不参加となりました。ガタケットの方は夏コミ合わせのゲームの制作もあるからです。それに、新刊もありませんからね。ただ、10/9の「東方紅楼夢」に続いて10/16の「博麗神社秋季例大祭」にもサークル参加することにしました。いずれも「すいかやさん」との合同ですので、お楽しみに。

2016年5月22日(日)

今週トップページに掲載したイラストは先々週描いたものです。前から着衣濡れネタが好きなのですが、久しぶりに霊夢をびしょ濡れにしてみました。濡れ透けもいいですが、こういう「濡れ透けない」系の方が好きです。また描いてみたいですけど、あまり需要無さそう……。

今日は「杜の奇跡」に参加してきました。いやはやすごい人だかりでした。「すいかやさん」と隣合わせでスペースを取りましたが、お陰で非常に多くの方に来ていただきました。次も出たいですが、仙台での開催は来年になりそうです。あ、あと今年の秋にインテックス大阪で開催される「東方紅楼夢」に初参加することにしました。いつもように「すいかやさん」との合同になります。大阪のイベントに参加するのは初めてなので今から楽しみです。

2016年5月15日(日)

遅くなりましたが、コミティア&例大祭お疲れ様でした! コミティアは参加サークルが5000を超えていたこともあって非常に賑やかでした。プロの方もかなり参加されていたようでして、自分も小林源文先生の本を買わせてもらいました(昔から好きなんですよね~。サインも貰いました)。例大祭もやっぱり賑やかでした。毎回思うのですが、「東方紅魔郷」発表から数えても14年経つ作品がここまで人気を集めるのもやっぱり凄いと思います。さらに言うと新しい人もかなり入ってきて新陳代謝が進んでいるようです。次は夏コミ合わせで、「すいかやさん」の方で新作ゲーム、個人サークル「木蘭優駿」の方では秘封倶楽部の小説本「歌聖の花」を出す予定です。

2016年5月1日(日)

気が付くとコミティアと例大祭が目の前に迫っていました。月日の流れは本当に早いです。この歳になるとなおさら……。まあ、それはとにかく久しぶりに「破壊系巨大娘小説」を更新しました。といっても、かつてブログに掲載した作品の再掲載ですが。「東方」キャラの巨大化大暴れシリーズの第1作目「魔理沙の街壊しゲーム入門」をアップしました。やっぱりこの手の話は魔理沙が一番似合いますよね。これからも少しずつアップしていきたいと思います。

なお、来週は例大祭に参加する関係でホームページの更新は休ませてもらいます。ご了承下さい。

2016年4月17日(日)

トップページも触れていますが、5/5のコミティア合わせでオリジナル短編小説集「星を護りし者」を頒布開始します。「言霊使い」エンファの活躍を描く物語を集めてみました。もちろん書き下ろしもあります(今書いているところです。タイトルは「最終列車が出た後で」)。この子が初めて登場する物語を書いたのは確か……15年以上前だったはずです。ちなみに今回の書き下ろしは11年ぶりの新作(第4作目)ということになります。11年も放っておいたことに呆れるべきか、書き続けることに感心すべきか……。

「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」第7話今回で完結しました。いよいよラストスパートですが、前にも触れたように夏コミ合わせで「東方」の新作短編「歌聖の花」を書かないといけない関係でしばらく休ませてもらいます。最後の山場を前にしてまたもや休むことになりますが、どうかよろしくお願いいたします。まさかここまで長くなるとは思いませんでしたが……。

2016年4月10日(日)

やっと少しだけ時間が出来ました。ずっと5/8の第十三回博麗神社例大祭合わせで「幻想郷文々。日和」の制作を続けていました。シナリオとスクリプト両方を担当した関係で散々時間がかかりましたが、無事完成しました。まあ、あまりにも長ーい話を書いてしまったのが原因なので自業自得かもしれませんが(書くとどうしても長くなる癖があるので……)。

5/8の例大祭にも参加しますが、5/5同じ会場で開催されるコミティアにも参加します。前回は破壊系巨大娘の小説本を新刊として出しましたが、今回も過去に出したオリジナル短編をまとめたものを出す予定です。書き下ろしのお話も収録する予定ですのでお気軽にどうぞ。なお、「木蘭優駿」の小説本は全て無料頒布です。

2016年3月27日(日)

しばらく更新を休んでしまい申し訳ありませんでした。例大祭合わせの新作(「すいかやさん」の方)の作成作業が大変な量で、休まざるえませんでした。まあ、お陰で何とか目鼻はつきました。休まなかったら今頃もっと大変なことになっていたかもしれません。新作の概要については後日改めて告知します。なお、木蘭優駿の方は新刊はありません。次の新刊は8月の夏コミで発行する予定です。
あ、5/22開催の杜の奇跡25に参加します。「すいかやさん」と隣合わせのスペースになる予定です。例大祭合わせの新作も出るので是非お越しください。

2016年3月6日(日)

久しぶりにイラストを更新しました。描きたいものを描いてみようと思ったのですが、やっぱりというべきか巨大娘のイラストになってしまいました。しかも破壊系……。まあ元々こういうシチュエーションが好きなので仕方ないですけどね。やっぱり普通の女の子が怪獣になってしまうギャップが最高ですね。

現在連載を続けている「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」ですが、現在連載を続けている第7話が完成した時点で再び休筆させてもらいます。ストーリーは決まっているのですが、夏コミに向けて秘封倶楽部の小説「歌聖の花」を書く必要があるからです。これが終わったらまたすぐに戻ってきますので、今回はおおよそ2~3ヶ月程度の休みで済むと思います。にしても。やっぱりというべきか「反逆の従者」も当初の計画より長くなる一方です……。

2016年2月28日(日)

まずは先週更新を休んでしまい申し訳ありませんでした。どうにも気分がすぐれず、更新どころではありませんでした。今週は少しは良くなったのですが、まだ完全ではなく小説を書き上げるのが精一杯でした。そんなわけで今週もイラストはありません。来週には描けるようになっていればいいのですが。

今週から長編小説「道化師は闇に笑う―華奈事件簿―」の連載を開始します。この作品、かつて同人誌でも発行していたものですが、表紙イラストの素晴らしさもあって大変売れた作品です(イラストは当時は全て友人に依頼していましたが、華奈シリーズのイラストは今でも大活躍されている榊水夏さんが描いてくれました。華奈が可愛かったんですよね~)。私自身も大変思い入れのある作品ですので、是非読んで欲しいと思います。

2016年2月14日(日)

今回で「少女幻想調査行―深淵の月―」の連載が完結しました。長めのお話ではありますが、書いた当時調子が良かったこともあり、わすが8ヶ月で書き上げた記憶があります。今読み返すと「よく書けたな……」と自分で感心してしまう程です。ちょっと変わった路線のお話ではありますが、この機会に読んでいただくと幸いです。

なお、来週からは昔同人誌で発行して大変な好評をいただいた長編「道化師は闇に笑う」の連載を開始します。異世界の大正時代を舞台としたアクションものであり、二つの顔を持つヒロイン・華奈が縦横無尽の活躍をします。お楽しみに!

2016年2月7日(日)

先週のコミティア115お疲れ様でした! 今回は思っていた以上に多くの方に来ていただき、充実したイベントになりました。やっぱ巨大娘関連のコンテンツがありますと違いますね。小説系はそもそも人がほとんど来ないのですが……。いや本当に(コミケでも同様なのでジャンルを「東方」に変えた程ですし。やっぱり手に取ってもらってなんぼです)。次回のコミティア116にも参加する方向で検討していますが……。新刊はどうするか悩みどころです。オリジナルなら何でもいいので、巨大娘のイラストと文章を組み合わせた読み物とか? でも今のレベルのイラストでは需要が無さそうですね……。

「箱庭世界の巨大少女剣士」第6話―(4)更新しました。今回と次回は箱庭の中を舞台にしたお話となりますので、巨大化&破壊シーン満載です。今回の対戦相手は少女吸血鬼・沙耶ですが、何か狙いがあるようです……。第6話が終わると物語は少しずつ終盤に入っていきます。

2016年1月24日(日)

来週のコミティアで無料頒布する新刊の表紙イラストをアップしました。昨年描いた制服巨大少女をリメイクしたものですが、思っていたよりも雰囲気が変わりました。前回から1年も経っていないのですが……。それはとにかく、書き下ろしSS「怪獣GAME」を追加した小説本を頒布しますのでよろしくお願いします。

旧作かつブログの方では既出の作品なのですが、破壊系巨大娘SS「練習場所の確保は難しい」をアップしました。指揮棒を持った吹奏楽部の女の子の大暴れというお話をリクエストされて書いてみたものです。その場の思いつきで吹奏楽部員も登場していますが、結構気に入っています。ちなみに鏡子と真紀の組み合わせは別のオリジナル小説「26センチ差の友情」に登場するヒロイン二人のヒントにもなっています。

2016年1月17日(日)

今週はプライベートで色々あった上に体調を崩してしまったとこもあって、「反逆の従者」の更新は休ませてもらいます。同じ理由で今日参加する予定だったガタケットも休ませてもらっています。1/31のコミティアには新刊を持って参加する予定ですのでご期待ください。なお、表紙のイラストは来週アップします。制服姿のまま巨大化した二人の女の子を描く予定です。

ツイッターでもちょっと触れたのですが、大河ドラマ「真田丸」は良かったですよ~。期待はしていたのですが、それ以上でした。最初から堺雅人が登場して信繁を若々しく演じていたり(ちゃんと若くみえるのはさすが。でも一箇所だけ古美門に見えた場面があったような……)、親父殿が何とも食えないキャラだったり、楽しませてもらいましたが、個人的には平岳大の演じた勝頼が印象的でした。序盤どころか第2話ぐらいで退場してしまいそうなキャラなのにも関わらず、ドラマへの導入役として見事な存在感を見せていたと思います。

2016年1月10日(日)

ツイッターでもちょっと触れましたが、「反逆の従者」は最短ペースで今年の5月頃に完結の予定です。今回掲載した分を除いて後19回で完結させる予定です。にしても、予想以上に長い話になってしまいました。同じ巨大娘物の「港町の守護巫女」が全43回でしたし。でも、「星の夢の終わりに」は全78回。つくづく長い話ばかり書いていると思うのであります。

2016年1月3日(日)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!
今年は昨年の前半ほどの忙しさもないので、少しでも創作活動を進めたいと思っています。まずは1/31(日)のコミティア115に参加します。今回は破壊系巨大娘のお話を集めた短編集を頒布する予定です。もちろん書き下ろしもあります。他にはオリジナルですが、旧作をまとめた短編集を頒布する予定です。これだけで1月が終わりそうな気が……。
「反逆の従者」は下でも触れているように春頃には完結させる予定です。その後は夏コミ合わせを予定している「東方」の二次創作小説「歌聖の花」を書いて、その後にずっと書きたいと思っているオリジナル長編「一千回目の桜」に着手する予定です。「一千回目」は長さからすると1年以上かかりそうですが……。まあ、大丈夫だと思います。既に「星の夢の終わりに」という大長編もありますからね。

2015年12月27日(日)

無事更新できました。「反逆の従者」第5話完結編を書き上げたのでさっそくアップします。ちなみに今回のパートは昨日一日で書き上げました。トップページのレティのイラストと同時進行でしたが、何とかなりました。小説を書くペースも何とか元に戻ったようです。というわけで、来週更新分から第6話に入ります。この調子でいくと来年春には完結すると思います。ラストは既に決まっているので。

2015年12月23日(水)

久しぶりの更新です。冬コミの準備があり、それどころではありまぜんでしたが、なんとか時間も出来ましたので更新を再開します。冬コミは何度も触れているように私自身は仕事のため不参加です。ただ、スペースは一応出していますので機会がありましたら立ち寄ってみてください。……新刊を準備している余裕もありませんでしたが。ただ、1/31のコミティアには複数の新刊を持っていく予定でいますのでご期待ください。

なお、次回のホームページの更新は12/27(日)の予定です。

2015年11月29日(日)

先週は更新を休んでしまい済みませんでした。仙台と新潟のイベントに連続で参加してきた関係でどうにも時間がとれませんでした。でも、どちらのイベントも面白かったです。冬コミは本人不参加ですので、私自身のイベント参加はこれで終わりですが、来年はもっと参加したいです。ちなみに1月はいきなり4イベント(仙台⇒郡山⇒新潟⇒東京)に参加する予定です。

2015年11月8日(日)

書き下ろし連載小説「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」ようやく第5話まできました。ただ、ここだけの話連載再開前に書き溜めていた分は無くなってしまいここからは追いかけられながら書く状態が続きます。本当はもっと余裕を稼ぐつもりだったのですが、10月は調子が悪くてどうにもなりませんでした。そんなわけで急にしばらく休むかもしれませんが、その点はご了承下さい。

こちらのブロクでも触れている天体観測ですが、ここ2日は明け方の木星を狙いました。2倍バローレンズも手に入ったのでもう一度チャレンジしてみたかったからですが……。なんと2日続けて霧に邪魔されて終わりました。夜半過ぎの午前2時から3時頃になると出てくるんですよね……。何も見えなくなってそのまま撤収せざる得ませんでした。真夜中ぐらいに昇ってくる頃まで待つしかないのかもしれませんが、そうなると季節は真冬。寒くて耐えられるかそれが問題です。

2015年10月24日(日)

先週は秋季例大祭などがあって結局更新できませんでした。ただ、その秋季例大祭は面白かったです。参加するのは昨年の例大祭以来でしたが、その熱気はまったく変わっておらず、つい先日20週年を祝ったゲームとは思えないほどでした。しかも、会場内には中学生か高校生らしき姿もあり、どうやら世代交代も確実に進んでいるようです。もしかすると、「東方」は想像していた以上に息の長いゲームになるかもしれません。海外でも人気(やはりコアな層には受けているようで、南米や東南アジアでも好きな人はそれなりにいるようです)ですからね。

前回の日記でも疲れのことについて触れましたが、原因は仕事が急に増えたことが主因でした。とにかく色々な意味で難しい仕事で難儀しましたが、ようやく何とかなりそうです。このせいで家に帰るとすぐに寝てしまう状態が続いていましたが、少しずつ元に戻ると思います。ただ、一度抑うつで通院していたこともあるので注意は必要なのですが……。

2015年10月12日(月)

最近あれやこれやで忙しくてイラストにまで手が回らない状態です。というより、ここ数年毎週1作は仕上げるペースで全力疾走してきたせいか、ここにきて疲れが出てきてしまったよう気がします。今週は落書きをアップしましたが、出来には納得していない始末です(まあ、それはいつものことなのですが)。しばらくはそんな状態が続くかもしれませんが、どうかよろしくお願いします。
なお、来週は秋季例大祭に参加するため、更新のタイミングは土曜日になります。

2015年10月3日(日)

オリジナル短編小説「星を護りし者」を掲載しました。確か、15年近く前に書いた話だったと思います。「言葉」で相手を籠絡する不思議な能力を持つ少女・エンファが初めて登場する話です。今後、彼女が登場する短編をアップしてきたいと思っています。
トップページのイラストはそのエンファのキャラデザを元に描きました。小説を書いた時から漠然としたイメージはあったのですが、今回初めて形にすることができました。宇宙船で当たり前のように恒星間を往来できる時代の少女ですが、そんな感じがしないキャラデザです(笑)。

電子書籍を読むために電子書籍リーダーの「Lideo」を買いました。電子書籍リーダーといえば「Kindle」などが有名ですが、こっちの方がシンプルで使い易いように思えたからです。で、実際に読書してみるとやっぱり普通の本と感覚は変わりませんでした。起動が遅い、バックライトがないなどの欠点を指摘する声もありましたが、一言で言うならば「使いやすい」電子書籍リーダーと言えると思います。バックライトが無いので明る過ぎることもないですし、バッテリーの持ちもいいようです。漫画を読むのは難しいと思いますが、書籍ならばこれで十分です。「Lideo」の接続先である「BookLive」も日本語の書籍が非常に充実しているのも大きいです。むしろ買い過ぎてしまうのが心配になる程です。

2015年9月27日(日)

ブログの方に詳しく掲載しているのですが、5連休の間は天体観測……というより、写真撮りをしていました。ようやく仕事の方も忙しくなくなり落ち着いたからですが、どちらかといえば課題の洗い出しと解決策探しをしに行ったようなものでした。まあ、お陰で課題は判明しましたし、その解決方法も何か見つかりました。来月には木星が明け方の空に戻ってくるのでそっちの撮影もしてみたいなと思っています。

5連休の間に、ようやく部屋据え付けのテレビも買いました。……と言っても、半分はプレステなどのモニター用ですが(笑)。お陰でPS2のゲームなども再び出来るようになりました。一番やりたいゲームがPS2とかPS3のあたりに集中していたので助かりました。ただ、時間がないので全部一気というわけにはいきませんが……。

2015年9月20日(日)

先週予告しましたが、「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」の連載を再開しました。1年4ヶ月も中断してしまい申し訳ありませんでした。まずは第4話を6回に分けて連載していきます。いよいよ再開ですが、また休載にならないように頑張りたいと思います。冬コミの準備があるのでどうなるか分からない一面もありますが。

2015年9月13日(日)

昨年5月より連載を中断していた「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」ですが、来週9/20より連載再開します! まずは第4話「鮮血の夜明け事件」を全6回に分けて掲載し、そのまま第5話「花火」(全5回)、第6話「天使のような悪魔の囁き(仮)」(全5回から6回)と続けて掲載していく予定です。また、第4話から第6話まで完成した時点でコピー本に仕立てて発行する予定となっています。第1話から第3話では入れられなかった「謎」について語っていくつもりですのでお楽しみに!

もう一つの連載小説「少女幻想調査行―深淵の月―」はいよいよ前半の山場まできました。ここまでくると、春那のモデルキャラが複数いることがはっきりしてくると思います。普段は「東方」の西行寺幽々子、シリアスの時は同じく東方の八雲紫というわけです。まあ、どっちにしても敵に回したくないタイプではありますが、物語はまだまだ続きますのでお楽しみに!

2015年8月23日(日)

久しぶりに読み切りファンタジー短編「王女と王妃の事情」を再掲載しました。旧ホームページにも掲載していた短編なのであえて「再掲載」としています。滅亡したばかりの王国から逃れてきた王女、口の減らないじいさんとその孫たちの織りなすドタバタものです。古い作品ではありますが、気に入っている作品でもありますので是非ご覧になって下さい。

昨年2月に骨折して手術した右手首の再手術を受けました。前回の手術の時に埋めた骨結合用のプレートを除去する為で、今回は短い期間入院しただけで済みました。手首の方もすぐに使えるようになり、お陰でこのホームページの更新も出来るほどです。後は来週抜糸すれば治療完了です。事故から1年半……。随分かかりました。

2015年8月16日(日)

まずは夏コミお疲れ様でした! 多くの方に来て頂き、大変嬉しかったです。2年ぶりのコミケ参加でしたが、やっぱりいいものですね~。

今回は木・金曜日に仕事を休むことができたので、それを最大限に活かしました。上京したのは木曜日で、まずは秋葉原であれこれ買い物を済ませました。ちょうど512GBのSSDを安売りしていたので買い込んだり、この前買ったばかりのBORG36ED用にコマ収差補正用パーツ(実は512GBのSSDよりはるかに高い)を購入したりしてから宿(カプセルホテル)に泊まりました。

金曜日はサークル参加本番でした。今回は所属するサークル「すいかやさん」の委託も受けていたのでその準備もありましたが……苦戦して大騒ぎしました。商品を飾る為の棚の作り方が分からなかったです。まあ、それは隣のサークルの方からもアドバイスしてもらったりして何とかなりましたが、いざ本番が始まると……予想以上にお客さんが来てまた大騒ぎでした。「すいかやさん」は今回新作があったからですが、開幕直後は目の回るような忙しさでした。
まあ、その後は落ち着いたので買い物にも行ってきました。「東方」壁サークル⇒「艦これ」⇒「東方」と回ってきましたが、「東方」も「艦これ」どちらも同じぐらいの人だかりでした。「東方」は「紅魔郷」発売から13年も経っているのですが、依然として人気が落ちないのは驚異的というべきかもしれません。私個人の考えでは、二次創作の幅の広さが普通の作品より大きいのも影響していると思います。私も秘封倶楽部で小説書いていますし。
最初から最後まで参加していたのはこの日だけでしたが、久しぶりのコミケを十分に堪能しました。私が次参加できるのは来年の夏になりそうですが、それまで楽しみにしていたと思っています。

2015年8月9日(日)

いよいよ今週末は夏コミです。準備も無事終わり、新刊も既刊も全て発送しました。今回は「すいかやさん」の委託もあるのでかなり人が来そうです。今回は「東方」の最新作も出ますからね。体験版をやってみましたがいやはや難易度が高い……。体験版は元々難易度が高いとはいえここまでとは思いませんでした。でも、やっぱりストーリーもキャラも音楽も最高です! 個人的には2ボスの子がちょっと気に入っています。MGMG……。

来週は夏コミ帰りになりますので、その顛末を書きたいと思っています。あと、破壊系巨大娘小説も読みきり作品を再掲載します。

2015年8月2日(日)

今週は夏コミの準備のため、イラストの更新はありません。ただ、お陰で「かぐや姫の帰還」「東方破壊系巨大娘」共に持って行くことが出来そうです(製本作業が大変なのですが)。後は既刊の「思い出の夏」「永遠に終わらない秋」、そしてオリジナル巨大娘もの「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」を並べます。イベント本番まであと2週間。今から楽しみです。

最近、週末限定ですが、ツイッターで近況について触れていますのでそちらも参考にして下さいね。

2015年7月26日(日)

トップページのイラストでもお分かりの通り、先週の「お知らせ」でも触れた書き下ろしは霊夢と早苗のお話になります。巫女さんたちの大暴れも書いてみたかったのでこの際ということで描いてみました。まだ完全には出来ていませんが、なんとか持っていけるようにしたいと思っています。
というわけで、今回の夏コミの新刊は秘封倶楽部が主人公の「かぐや姫の帰還」と「東方破壊系巨大娘」の2冊となります。いずれも無料配布ですのでお気軽にどうぞ。「すいかやさん」の新作ゲーム「射命丸文の事件簿」も委託していますよ~!

再連載している「少女幻想調査行―深淵の月―」、今回からまた新しいキャラが登場しています。どちらかと言うと狂言回し的な存在ですが、妙に気にっています。ちなみにモデルは「東方」が好きな方ならお分かりと思いますが、天狗の文と椛です。ちなみに、今回の舞台となっている長谷堂城跡は私自身も取材に行ってきているので、見たままの通りに書いています。山道で登るのにも難儀しました……。

2015年7月19日(日)

トップページに夏コミの新刊「かぐや姫の帰還」の表紙を掲載しました。1年ほど前に出した予告編の時とはかなーり絵が違います。というより、前回なんであんなイラストになってしまったのか今だによく分かりません……。まあ、今回の秘封は一番良く描けたと思っています。逆光になったのは半分偶然の産物ですけどね。ちなみに本編の方はツイッター上でも触れていますが、完結まであと少しというところまできました。

夏コミですが、久しぶりに直接参加可能となりました(会社の休みが確保できたため)。2年ぶりのコミケ直接参加です。東京のイベントに出るのも昨年5月の例大祭以来です。そんな事もあって今回はもう一冊新刊を準備しています。ツイッター上でも触れましたが、「東方巨大娘・小説本(仮)」です。破壊系巨大娘専用のブログに掲載したお話の中から「東方」の二次創作を選んで収録します。それだけではブログの読者に申し訳ないので、書き下ろしも1作ですが準備中です。内容はまあ一言で言うならば「東方キャラたちが怪獣サイズ(30~50倍サイズ)に巨大化した挙句、街を破壊して暴れ回る」というものです。表紙のイラストは来週にでも掲載する予定です。

2015年7月12日(日)

破壊系巨大娘小説「不思議の国の少女」中編を掲載しました。いよいよ亜梨子も躊躇いがなくなってきて、カジュアルな私服に身を包んで壮絶な破壊劇を繰り広げます。まさに破壊系巨大娘の本領発揮といったところです。巨大娘フェチにも色々なサブジャンルがありますが、破壊系はあまり多くないのでこれからも頑張りたいと思っています。幸いなことに、それなりの支持も得ていますからね。

夏コミまであと一ヶ月ということあって、少しずつ準備を進めています。とにかく出したいのは秘封倶楽部の小説本の新刊。丸一年遅れですからね……。ただまだ本編が終わっていないので急いで終わりにしないといけませんが。その後に表紙のイラストも描いて、可能であれば本文中にもモノクロイラストを入れたいとも思っていますが……間に合うやら。

2015年6月28日(日)

ブログにも掲載しているのですが、破壊系巨大娘小説「不思議の国の少女」の再連載を始めました。こちらのホームページの方に巨大娘成分が足りないと思ったのと、ブログに載せた話をまとめてみたいと思ったからです。特に「不思議の国の少女」は14回に分けて連載したものですからね。それに合わせて、ヒロイン・亜梨子(ありす)と亜梨子を大破壊に導く謎の少女・真夜(まよ)のイラストを新たに描き起こしました。連載当時はまだイラストを描き始めたばかりの頃で、ビジュアルを公表するのは実はこれが初めてだったりします。これからは、巨大娘の話の他にも、かつて書いた色々な短編も公開してきたいと思っています。可能であればイラストも追加して。

2015年6月14日(日)

いよいよイベント参加再開です。前回の直接参加が昨年6月の仙台コミケだったので、ちょうど一年ぶりの活動再開となります。やっぱり一年は長かったです……。

ツイッターでも速報しましたが、夏コミ当選しました。秘封倶楽部の小説本がメインなので秘封スペースに配置されていると思います。新刊は昨年からずっと引っ張っている「かぐや姫にさようなら」です。まだ完成していませんが、何とか完全版を持っていけるようにします。それにしても、新作の「東方深秘録」に秘封倶楽部に大きなつながりを持つキャラが出てしまったので、今回秘封スペースは盛り上がりそうです。人気投票でも順位はまずまずでしたからね。……まさかゲーム本編と繋がるとは思ってませんでしたが。

連載小説「少女幻想調査行―深淵の月―」は今回からもう一人のヒロインである春那が登場します。不思議系な少女ですが、モデルは「東方」の西行寺幽々子です。後もう一人「東方」キャラがモデルになっているのですが、それは追々わかると思います。あと、二人が出会う書店は今も実在しますし、内部には珈琲店もあります。そこを思い浮かべながら今回のシーンは書きました。物語の背景に出てくる施設などはほとんどが実在のものですが、二人が通う大学だけは実在の大学を置き換えているので架空のものです。念の為。あと、書いた時期にはあったものの、今では無くなっている施設などもあります。

2015年5月31日(日)

今週から「少女幻想調査行―深淵の月―」の再連載を開始します。実在の都市・山形を舞台に月と水が織りなす「深淵」の引き寄せられた少女たちの物語が展開していきます。率直に言って、自分自身かなーり気に入っている作品ですので、是非読んでみてください。自分でもこういう話が書けるんだと内心驚いてしまったのはナイショです(笑)。

6月14日の仙コミからイベント参加を再開する予定ですが、それに合わせて頒布用の本を作っています。今まではコピーを利用していたのですが、これではあまりにコストがかかり過ぎるので、ついにモノクロレーザープリンタを買いました。……といってもブラザーなので安いんですけどね(笑)。幸い、会社でもモノクロレーザープリンタは扱っていた為、戸惑うことなくすぐに使用可能になりました。これで今後はコピーの心配をしなくて済みます。

2015年5月17日(日)

(再)連載を続けている「おてんば姫は冒険者」はいよいよ来週で完結となります。その後には、かつて同人誌で発表した長編「少女幻想調査行-深淵の月-」の再連載を開始する予定です。現代日本……山形市を舞台にしてちょっと不思議な物語が展開します。自分自身かなーり気に入っている作品なので、お楽しみに。

2015年5月10日(日)

今週は余裕があったので何とか更新出来ました。まあ、どうにか山場は越えたと思います。

今日は博麗神社例大祭でしたが、仕事のこともあって今回は不参加でした。かなり賑わったようで行きたかったです……。で、仕方なく家で新作「東方深秘録」や「東方紺珠伝」体験版の情報を集めていました。「紺珠伝」はインパクトがありましたね。ネタバレになるので詳細は一切触れませんが、まさかこの方向にいくとはという感じでした。まあ、タイトルに偽りは無かったわけですけどね。今回は2面ボスの子がちょっと印象に残りました。ちょっと人気になるかも。ネタには事欠かなそうですし。
「深秘録」もキャラが判明しました。こっちの方は完全に予想外でした。「まさか」の展開が待っています。ただ、気になるのはラスボスが本当にラスボスなのか……ですね。ラスボスの名前はタイトルに一文字含まれているという例の原則から外れているので。ただ、厳密には外れていないような気もするので……。

2015年4月26日(日)

嵐の前の静けさのような日々を過ごしています。まあ、詳細はスルーで。仕事の話ですからね。

イベント参加予定に6/14の仙台コミケを復活させました。といってもまだ参加できるかどうかは未定です。ここで復活できるとちょうど1年なので是非参加したいですがどうなるやら……。その6/14の仙台コミケは「刀剣乱舞」オンリーも同時開催なので大変な混雑になりそうです。勢い凄いですからね~。なにしろ5月のビックサイトのオンリーイベントでは4000スペース募集とぶちあげていましたからね。5月のコミティアが5000スペース、同じく5月の博麗神社例大祭もそこまではいきませんからね。ただ、5月のビックサイトは大イベント続きです(スーパーコミックシティ⇒コミティア+刀剣乱舞オンリー⇒博麗神社例大祭)。ていうか、刀剣乱舞とコミティアが同じ日に同じ東館というのも恐ろしい話ですが(笑)。博麗神社例大祭も今回はかなり盛り上がりそうです。なんといっても、黄昏フロンティアの新作+「東方紺珠伝」体験版ですからね。私自身「紺珠伝」はかなーり楽しみにしています(というより、ワクワクが止まらないというべきかもしれませんね。どんなストーリーになるか、どんな新キャラが出るか……)。にしても。2020年の東京オリンピック時にはこの会場は使えないんですよね。夏コミどうするのやら(ちなみに幕張メッセもオリンピックに使われるという噂もあるので、この年の夏コミはどこで開催するのか……)。

あ、「刀剣乱舞」もプレイしています。「艦これ」とほぼ同じようなシステムなのでやりやすいです(課金も無いし(笑))。刀剣男子たちがメインのゲームではありますが、想像を膨らませる余裕を大きく残して提供するスタイルには好感がもてます。やってみると分かりますが、特定の色のついていないごく普通のブラウザゲームなのでだれでも楽しめると思います。ちなみに私自身はネオロマ風に楽しむのも面白いかな……と思っています(審神者を普通の女の子にして、刀剣男子たちに支えられながら奮戦するスタイル)。

2015年4月19日(日)

来月はまたかなり忙しくなることもあって、今月のうちにしたいことを済ませておきました。そういうわけで、ブログの方は更新が並びました(笑)。できれば一つにまとめた方がいいのかもしれませんが、あまりにジャンルがばらばらなのでまずは無理だと思っています。自分でも何でこんなにいろいろな方向に手を出しているのか……と思うこともありますけどね。まあ、それもイラストというもう一つの表現手段を見つけ出し、やっと「描ける」程度にはなったからかもしれません。正直、ここまで出来るようになとるは思ってもいませんでしたが……。まあ、やれば出来るということでしょうね。

2015年4月5日(日)

まずは「お知らせ」から。サークル参加再開の予定ですが、当初は6月の仙台コミケからの予定でしたが、どうにもならない事情で参加不可能となってしまいましたので7月のガタケットからになると思います。この前後には昨年骨折した右手首の再手術もあるのでまだ確定とは言えませんが、とりあえず7月の復帰を目指します。あと、7月の仙台コミケには参加する予定です。

ブログの方でも触れたのですが、4月4日の皆既月食なんとか写真に撮ることができました。本当は久しぶりに望遠鏡を出してそれで撮影しようとしたのですが、あまりに久しぶり過ぎてうまくいかなかったので、デジカメ+300ミリ望遠で何とか撮影出来ました。眼視ではあまり分からなかったのですが、今回の月はかなり明るく見えたようで鮮やかな赤銅色……「紅い月」でした。にしても。望遠鏡の扱いにはもう少し慣れておかないと駄目ですね……。昨年はそれどころではなかったですが。

2015年3月22日(日)

先週は見事に更新を飛ばしてしまいました。忘れていたわけではないのですが、まったく時間がありませんでした……。今後もこういう事があるかもしれませんので、ご了承願います。今はとにかく精神的な疲れが酷いのですが、その状態はまだしばらく続きそうです。そのせいで精神的に不安定なのも悩みの種です。早くゆっくりしたい……。

2015年3月8日(日)

トップページにリンクを張りましたが、2年ぶりに着衣濡れ専門のブログ「水面の夢」の更新を再開します。破壊系巨大娘はまかりなりにも続けているのにこっちを更新しないのは不公平ですからね。それにブログでも触れていますが、着衣濡れ系の無料配布イラスト本を作ってみるのも楽しそうな気がするからです。このジャンル、需要はあるのですが、供給があまりにも少ないので……。ちなみに需要は巨大娘の10分の1かそれ以下といったところです。巨大娘はフェチとしてはまだメジャーな部類に入るのではないのでしょうか?

2015年3月1日(日)

まだまだ忙しい状態は解消していません。今週はいいのですが、今月も休みが少ない状態が続きます。もし更新がなかった場合には仕事が理由ですのでお察し下さい(疲れると更新を忘れてしまうことも……)。

とりあえず少しずつですが、小説は書いています。ただ、今年は今書いている「かぐや姫にさようなら」(秘封倶楽部が主人公の二次創作)と「箱庭世界の巨大少女剣士」(オリジナル)を完結させるだけで手一杯かもしれません。今年の前半は完全に仕事で持っていかれますからね……。ちなみに長編「一千回目の桜」は企画を少しずつ進めています。世界観から作りあげていくのは本当に久しぶりですが、楽しみながらやっています。picivの方にも少しずつ情報を上げていくつもりですので、楽しみにしていてくださいね。

2015年2月15日(日)

久しぶりにイベント参加予定を更新しました。まだ先の話ですが、6月ぐらいからイベント参加を再開できるかもしれないので、それを見込んでスケジュールを更新しました。早ければ復帰戦は6/14の仙台になりそうです。私自身が直接参加したのは昨年6月の仙台イベントが最後なのでちょうど1年で復帰できるかもしれません。ただ、まだ流動的な部分も多いのでどうなるか分かりませんが……。
夏コミは「東方」で申し込みました。何とかそれまでには秘封倶楽部の小説本を出せるように頑張りたいと思っています。この後にはシリーズ3作目「歌聖の花」も控えていますからね。早くゆゆ様を小説でも活躍させたいです。あともちろんオリジナルも……。

2015年2月1日(日)

まだまだ忙しい日々が続きます。今月は土曜日が休みでない状態が続きます……。いやはや、どこまで心と体がもつのやら。

それでも、夏コミには申し込みします(2月3日から開始ですからね)。何もなければ夏コミには久しぶりに私自身が参加できると思いますので。ジャンルは「東方」で、秘封倶楽部の小説本の新作「かぐや姫にさようなら」(予告編は配布しているのですが……。1年遅れ)を持っていく予定です。可能であれば3作目「歌聖の花」の予告編も持って行きたいと思っています。もちろん、いずれも無料配布です。なお、即売会への参加復帰は6月から7月になると思います。6月は1年前に骨折した右手首の骨折の再手術(骨を固定するためのプレートの除去)があるので微妙かもしれませんが。
今は活動再開の時を夢見ながら辛抱します……。このホームページにも多くの方に来ていただいているので早く本格的に再開したいです。

2015年1月18日(日)

とにかく時間の経過が早く感じられて困ります……。もう1月も後半に入ってしまいました。忙しいと時間が過ぎるのが早く感じられるのかもしれません。ちなみに昨日と今日は仕事だったのでこの週末は休みなしでした。こんな調子ではいつ小説書きに戻れるのやら……。イラストは描いていますが、これは憂さ晴らしも兼ねています。何も考えずに創作に集中する時間が無いとやってられませんからね。

それでも、小説書きとしての気持ちは忘れたくないので小説は読んでいます。ついこの前読み終わったのは福井晴敏の「ガンダムUC」。これが傑作でした。福井氏の作品は「読むハリウッド映画」的な迫力があって尊敬しているのですが、ガンダムにおいてもそれが見事に発揮されていました。というより、まるで「実際に見てきた」かのように書く筆力はさすがとしか言いようがありません。まあ、文章が濃い上に長いので好みは分かれそうなところですが、私個人は大好きです。こういう風に作品を書ければとも思うのですが、まだまだです。25年は文章書きしているのに……。

2015年1月4日(日)

2015年最初の日記です。予想に反して?今年の正月はお陰様でなんとか休むことが出来ました。一時はどうなるかと思ったのですが……(といっても本当の山場はまだ先ですが)。とりあえず正月の間は徹底的に休みました。こうでもしないと今後心も体をもちませんからね。といっても仕事が始まるとまた忙しくなって散々なんでしょうけど……。早く本当にゆっくりしたいです。

イラストにpixivに掲載した作品をアップしました。巨大娘ネタと着衣濡れネタ……いわゆるフェチ系のネタです。どっちも大好きなのでついつい描いてしまいました。そういう嗜好の無い方には理解しづらい世界かと思いますが、どちらも日本だけでなく世界中に「同志」がいるのが心強いです。特に巨大娘(giantess)はフェチとしてはかなりメジャーな方なので、イラストさえ描ければ世界中の方とお話できます(笑)。ただコメントは英語(しかも口語やらスラングも多いので翻訳ソフトを通しても意味がわからないことも……)なのがちょっと大変ですが。ついでに言うと「東方」が好きな人も世界中にいるようです。

2014年12月28日(日)

今年最後の日記です。いやはや……今年は何がなんやらという年でした。1月末に新居に引っ越して部屋が広くなったのは良かったのですが、そのわずか後に転倒事故を起こして右手首骨折⇒入院手術となりました。骨折は初めてでしたが、痛かったです……。リハビリも6月ぐらいまでかかりましたし。しかも、治らない内に仕事が一気に忙しくなり土曜日が無くなってしまう始末。その状態は今でも続いていて、ストレスは溜まるやら疲労は抜けないやら最悪です。この状態は来年前半まで続きますので小説に戻るのはその後になりそうです……。

ただ、来年後半には忙しさがピークを過ぎるので、その後は今までの分を取り戻すように頑張りたいなと思っています。中途半端になっている「かぐや姫にさようなら」を完結させてからこのホームページで続けている連載小説「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」を再開・完結させて、秘封倶楽部が主人公のお話をもう一作書いてから、オリジナル長編小説「一千回目の桜」をスタートさせたいと思っています。来年の今頃には「一千回目の桜」がスタートしているといいのですが。

2014年12月21日(日)

いよいよ来週は冬コミ。……なんか時の流れが異様に早く感じて困ります。この前夏コミが終わったばかりのような気がするのですが、やはり仕事が忙しすぎるからでしょうか? 日付どころか季節の感覚まで狂いがちで困ってしまいます。ちなみに冬コミにはスペースは確保していますが、私自身は仕事で出られませんのでまたもや友人にピンチヒッターを依頼しています。なんか今年の後半はこればっかりのような気も……。ちなみに、来年の例大祭は日程が非常に悪いため、サークル「木蘭優駿」はスペースを出す予定はありません。新刊が出る見込みがあれば話は別ですが、「かぐや姫にさようなら」は出せそうに無いので……。東京のイベントに私が復帰するのは来年の夏コミになりそうです。

2014年12月7日(日)

再び更新を飛ばしてしまい、申し訳ありませんでした。なにしろ、土曜日が休みではない状態がずっと続いていて日曜日にする事をすると時間が無くなってしまいます。さらに言うなら疲れていてとても更新どころではなかったというのもあります。いやはや……。今度からは気をつけます。

2週間前に掲載した「港町の守護巫女」番外編、多くの方に読んでいただいたようで嬉しい限りです。守護巫女にまつわるお話はこれで終了ですが、前にも触れたようにエピローグで新たに「仲間」に加わった瑞穂も加えた状態でもう一度だけ書いてみたいなあ……という気持ちはあります。リクエストがあったら考えるかも。あと、巨大娘に関する物語は現在連載を中断している「箱庭世界の巨大少女剣士」があります。今は多忙の為中断していますが、絶対に再開してみせますのでお待ちください(本当は書きたくて仕方ないのに……)。

2014年11月23日(日)

まずは先週更新を飛ばしてしまい申し訳ありませんでした。仕事の方が非常に多忙で、とてもそれどころではありませんでした。というわけで、秋季例大祭もスペースは確保したのですが、私自身は不参加です(この日は出勤になってしまいましたし)。冬コミもスペースは取れたのですが、12/29は平日なのでやはり不参加です。今年はこればっかりのような気がしますが、来年前半まではこの調子です……。

それはとにかく。前にもお伝えしましたように「港町の守護巫女」番外編「海からの使者」を掲載しました。ペーパーのような形で配布したことはあるのですが、確かそんなに数は出ていないはずなので初めて読む方も多いと思います。時期的には本編の第19話と第20話の間に入る話となります。本当はアフターストーリー的な番外編(瑞穂も仲間に加わった状態で)も書きたいのですが……。ちょっと時間がありません。

新連載として「おてんば姫は冒険者」の連載を始めました。かつて同人誌で発行して好評を得た作品で、内容は同人誌版と同じです。とにかくユリア姫のような明るく爛漫なキャラが好きなので、楽しんで書いたものです。是非読んでみてください。

2014年11月9日(日)

今回で巨大化できる少女たちが活躍する物語「港町の守護巫女」完結です。途中から複数話同時掲載に切り替えたのですが、意外と長くかかりました。文庫版でもかなり分厚かったですからね。特に終盤は書いている内に勝手に長くなってしまいかなり大変でした(笑)。とにかくキャラがよく動いたもので……。まあ、そういう時はたいてい調子がいい時なので問題はないのですが。なお、トップページでも触れているように番外編「海からの使者」は来週以降にまとめて掲載します。これを機会に巨大化した佳奈と琴美のイラストも描いてみたいので。なお、番外編もちゃんと巨大化シーンがありますのでご安心ください。

トップページを見ていただければ分かるかと思いますが、今週はイラストを更新していません。さすがに暇がなかったからです……。本当は秘封倶楽部を描く予定だったのですが、仕事やらあれやらやこれやらでまったく手がつきませんでした。そんな状態なのでイラストの練習も出来ず、うまい人の作品を眺めて指をくわえているような状態です……。練習しないと上達しないのに大丈夫なのやら。

2014年11月2日(日)

トップページでも告知していますが、今度の冬コミ当選しました! ただ、またもや本人不在です……。12/29の月曜日ですからね。会社でおとなしく仕事していると思います。まあ、ピンチヒッターを頼みますので無料配布の小説本についてはいつも通りです。ただ、今のところ新刊の予定はありません。東方の二次創作「かぐや姫にさようなら」は出したいのですが、まだ半分も仕上がっていません。仕事も忙しいので、冬コミ合わせも諦めざるをえない状況です。この後には「箱庭世界の巨大少女剣士」や「一千回目の桜」も控えているのに……。とほほな話です。

現在連載している「港町の守護巫女」は次回で最終回を掲載して完結します。その後は一部で発表済みの番外編短編「海からの使者」を掲載したいと思っています。で、その後は……今のところファンタジー長編「おてんば姫は冒険者」の再連載を予定しています。かつて文庫サイズで発行して好評を得た作品で、作者自身もかなーり気に入ってる作品です。お楽しみに!

あ、そういえば。しばらく更新を止めていた鉄道・天体観測関連のブログですが、ここ2週は続けて更新しています。興味がある方はどうぞ。

2014年10月26日(日)

今回のトップページのイラストは秋らしく、「東方project」に登場する秋を司る神様たち・秋姉妹です。説明にも書きましたが、秋季例大祭に合わせて小説本の表紙をリメイクしているのでそれに合わせて描きました。毎年秋になると描くのが恒例になっていますが、絵が毎回違うのは……まあ、いいことなのかもしれませんが。
というわけで、秋季例大祭には「すいかやさん」との合同で参加します。私の出している小説本は全て無料配布ですのでお気軽にどうぞ。ただ、私本人は行けるかどうかまったく分かりません。行ける状況でも疲れていて家でひっくり返っている可能性も十分にあります。それ程大変な状況なので……。

2014年10月13日(月)

トップページのイラストですが、今回「も」性懲り無く巨大娘です。しかも破壊活動を全く躊躇わない破壊系な女の子です(笑)。なぜこういうのばかり描くのかと言いますとまあ、単に好きだからです。幸い、同志は世界中にいますからね(海外の某SNSでも別ネームで活動しているのである程度は分かります。英語でやりとりするのは少し大変ですが)。
しばらく前からイラストの色使いを変えています。描き終わると最後に彩度を濃い目に調整していたのですが、最近は意識的に薄めに調整するようにしています。全体的にフラットになってしまうような気はするのですが、なぜかこっちの方が見栄えがいいようです。今回のイラストもかなり迷ったのですが、結局彩度を薄くして完成させています。今見ると背景を含めたバランスも良くてこれで良かったのかなーと思っています。もっとも、デッサンはかなり狂っているのでこれについては練習して直していかないといけませんが……。

2014年10月5日(日)

最近、やたら忙しくてやっぱり文章を書く暇があまりありません……。11月の秋季例大祭までには「かぐや姫」を完成させたいのですが、他にもする事はあるし困っています。書きたい話も色々あるのに「かぐや姫」が詰まってしまったのでなかなか動けないジレンマ……。いやはやです。
それでも読書は少しずつしています。やっぱり文章書きを自称しているからは少しは本を読まないといけませんからね。やっぱりこの人は面白いなーと思わせるのは福井晴敏。「読ませる力」はかなりなものです。ついつい読んでしまって寝ることすら出来なくなってしまったことも……。この「読ませる力」には憧れます。SFが好きならば読んで絶対損はないのは藤間千歳の「スワロウテイル」シリーズ。表紙につられて買ったら……結局全部読んでしまいました(今年前半に手首を骨折した後ですが。整形外科でのリハビリの待ち時間があまりにも長かったので。ちなみに「帝都物語」の再読やら「聖なる怠け者の冒険」も読みました)。イラストもそうですが、うまい人はやっぱり上手いものです。私も文章力向上に務めたいものです。

2014年9月28日(日)

鉄道模型を趣味にしている人は珍しいのか、最近サークルの芋煮会に出た時に少し話題になりました。友人曰く「お金があって部屋が広くないとできない」とのこと。まあ事実なのですが……。そんなやりとりの後にEF81(ローズピンク)とE4系新幹線(基本セットのみ)を買いました。本当はE217系が欲しかったのですが、行った店には無かったので代わりにE4系にしました。E4系は全2階建て新幹線ということもあり、模型でも迫力……というより存在感があるので気に入っています。「つばさ」「こまち」のE3系姉妹を連結していた時期もあり、その再現も可能です(15両編成になってしまうのが問題ですが)。EF81は国鉄時代から活躍する交直両用機です。今は活躍している車両も少なくなりそろそろ消えてしまいそうなのですが、万能機ということもあり今回買い込みました。ローズピンク(一般色)を選んだのはEF81といえばこの色というイメージがあったからです。にしても、レイアウトの工事はいつ再開できるのやら……。まあ、来年半ばぐらいには再開したいですが。あ、来月には一番好きな電気機関車であるED75もコレクションに加わります。

2014年9月21日(日)

久しぶりに読み切り短編「落陽迷図」をアップしました。前に描いた話(5年ほど前?)に書いた話なので、今とはすこしばかり文章の雰囲気が違うかもしれません。本当は短編でも書き下ろしたいのですが、いかんせん時間が……。来年イベント参加を再開したらまた短編を書くのも悪くないかなーと思っています。ここにはまだ掲載していませんが、遠い未来を舞台にした言霊遣い・エンファの物語も書いてみたいですからね(というより冊子にまとめてみたい)。今なら自分でキャラのイラストも描けますからね。イメージは既に頭の中にあるので。

「港町の守護巫女」も大詰めが近づいてきました。なんとか今年中には終わりそうです。その前にもしかすると、かつて「予告編」用に書き下ろした読みきり短編も掲載するかもしれません。それに合わせてもう一度、佳奈と琴美のふたりを描いてみようかなーと思っています。これが最後になるかもしれませんので。最後はやっぱり制服姿で巨大化している場面を描いてみたいです。最初に描いた時も制服姿だったので(もう4年も前の話……)。

2014年9月14日(日)

来年の6月ぐらいまではイベント参加はほとんど不可能だと思いますが、小説の方は少しずつ書いています。本当に少しずつなのですが……。5月の例大祭以降かなり酷いスランプに陥ってしまい(というより、余裕がなくて書けなかったというべきか……)、散々でしたが今回は何とか軌道に乗ってきたような気がします。スランプ脱出のきっかけになったのはやはりというべきか小説を読むこと……でした。まあ、小学生の頃から本を読みまくってきたせいで文章書きになってしまったので当然かもしれませんが。にしても。小説書きとイラスト描きは意外と矛盾なく同居できるものですね(笑)。

もう一つの趣味である鉄道模型(Nゲージ)は、レイアウト作成どころではないので、とりあえず車両集めを少しずつ続けています。好きなものから集めていくことにしたのですが、分かったのは自分が機関車牽引の列車を好むという点。電気機関車はEF58・EF66・ED73と揃えたのですが、客車の方は10系・12系・14系・24系25形・43系(青)・50系、他に一般貨物やらコンテナ貨物車も揃えてしまいました。まあ、機関車牽引ならば色々な組み合わせが楽しめるからかもしれませんが……。後は一番好きなED75やSLも欲しいなーと考えています。ちなみに電車は国鉄時代のエースだった485系と583系とか、E3系こまち、京王8000系(キット組み立て)などを既に揃えています。いずれも思い入れのある車両ばかりです。

2014年8月31日(日)

先週はイラストを描きませんでしたが、今週は描いてみました。書き始めるのはまだ先なのですが、オリジナル長編小説「一千回目の桜」のヒロイン・長坂香純のキャラデザがしてみたくてペンを持ったらすっかり調子に乗ってしまいました。詳しい設定はまだ決定していませんが、とにかく武器は巨大です(笑)。下手すると数百キロはあるのではないかと……。それを片手でひょいと持ち上げて大暴れする……そんなシーンが早く書きたいです。

現在更新を続けている「港町の守護巫女」。今回掲載分で第24・25話ですが、やっとストーリーは後半に入ります。こんなに長い話だったかと作者自身も少し驚いています。まあ、元々長編は得意……というより話がなかなか終わらないタイプですから仕方ないかもしれませんが。もっとも、上でも少し触れている「一千回目の桜」は下手すると全100話近くなりそうな気もしますが(今まで書いた中で一番長い「星の夢の終わりに」ですら全78話なのに)。……あ、巨大化シーンはまだまだありますのでお楽しみに!

2014年8月24日(日)

ずっと続けてきたトップページの自作イラスト更新ですが、今週はお休みです。というより、珍しくペンを持っていません。一応今日は休みだったのですが、あまりに疲れが酷すぎて回復させないと色々まずい状態になると思ったからです。イラストを描くのは楽しいですが、どうしても根を詰め過ぎてしまう傾向があってかえって疲れを増してしまう結末になってたので……。
それにここだけの話、多忙になってからのイラストはどうも評価が低くこのまま低クォリティの作品を描いても仕方ないと思ったのも大きいです。練習のお陰で線画は多少マシになったと思いますが、構図やポージングはおかしいままだからだと思います(これが現在、最大の悩みとなっています。他の人はどうしてあんなに上手くまとめられるのか、不思議でなりません……。私の場合どうしても単調になってしまうのに)。その点を改善するには少しは頭をスッキリさせたほうがいいと思ったので、今週は休みました。
後は……。やっぱり小説書きに戻りたくなったからです(笑)。現在途中になっている秘封倶楽部の二次創作「かぐや姫にさようなら」とオリジナル「箱庭世界の巨大少女剣士」もちゃんと完結させたいですし、この後には秘封倶楽部シリーズ3作目「歌聖の花」、そしてオリジナル長編小説「一千回目の桜」に挑みたいと思っていますので、イラストばかりやっているわけにはいかなくなっています。
まあ、そんなわけで……。イラストについてはもっと画力を向上させるべく勉強したいと思っています。小説よりずっと難しいよ~。

イベント参加ですが、11月の「例大祭SP」には「すいかやさん」と合同で参加します。サークル名は「すいかやさん&木蘭優駿」となります。また、冬コミにはやはり「東方」で申し込みました。何とか11月には「かぐや姫にさようなら」完成版を出したいと思っています。冬コミについては……まだ未定です(笑)。ただいずれのイベントもおそらく私自身は不参加ですのでその点はご了承ください。

2014年8月17日(日)

夏コミお疲れ様でした! 当日私は不参加でしたが、かなり盛況だったようで何よりです。次は冬コミですが、もちろん申し込みします。今回同様「東方」で申し込んで今度こそ「かぐや姫にさようなら」の完全版を出したいと思っています。ただ、どう考えても私自身は出られそうにありませんが。こんな状態ですので、今年のイベント参加は実質不可能だと思います(正確には来年前半まで。日程によっては来年の例大祭から復帰できるかも……?)。まあ、それまではネット上での活動を細々と続けていきたいと思っています。

2014年8月3日(日)

残念ながら、来年の前半まではイベント参加は不可能な状況が続きそうです。実は先月と今月はイベント参加自体は申し込んでいたのですが、とても行けるような状態ではなかったため、泣く泣く諦めました。最大のイベントであり、運良くサークル参加も出来た夏コミも問答無用に仕事を入れられてしまい完全に行けなくなりました(仕方ないので今回も友人に頼みます)。まあ、こればかりは仕方ありません……。

嘆いてばかりいるのも嫌なので、少し前向きに考えることにしました。夏コミに参加できないということはその分の旅費が浮きますので、そのお金を鉄道模型(Nゲージ)に使うことにしました。で、前から欲しかったEF66を手に入れることにしました。9月にはED75―1000も買うのですが、やはり直流機のエースも欲しいですからね。エースといえば……調べてみるとEF66の総出力3900KWというのはほとんど化け物レベルでした(EF58が1900KW、EF65が2500KW。ちなみに一番新しいEF510が約3400KW。ED75は不明でしたが、ED79やED76は1900KWなので同じでしょう)。その内、「高性能でプライドの高いEF66」と「何でも屋で人なっこいED75」の組み合わせで擬人化して描いてみたいです。

2014年7月27日(日)

少しずつですが、ほとんど止まっていた小説の執筆を再開しました。実は言うと、5月の例大祭直後からほとんど書けない状態が続いていたのですが、ようやく続きを書こうという気持ちが戻ってきました。こんな状態なので夏コミには新刊はありません。というより、本人もいません(泣)。一時は何とかなると読んでいたのですが……。気がついたら仕事を入れられて身動きがとれなくなりました(知った時には予定が確定していたのでどうにもならず……無念!)。ないない尽くしですが、何とか活動は続けていくつもりですので、どうかよろしくお願いします。

小説ですが、まずは秘封倶楽部の二次創作「かぐや姫にさようなら」を完結させたいと思っています。その後、このホームページで連載している「箱庭世界の巨大少女剣士」を何とか完結させたいです(ラストも明確に決まっているので完結させることは十分に可能です)。その後は秘封倶楽部の3作目「歌聖の花(仮)」、そしてオリジナル長編「一千回目の桜」と書き続けていきたいと思っています。

2014年7月21日(月)

相変わらず仕事が忙しいです。こうなると憂さ晴らしがしたくなって逆にイラストを描く量が増えるというみょんな現象が起きています。PIXIVの方もご覧の方ならばお分かりかと思いますが、ついに通算200作品目のイラストをアップしました。イラストを描き始めて5年でやっと達成です。ただ、ここ1年は数はこなしたわりにはあまり上達していないような気もします。限界に到達したとは思いたくないのですが……。まあ、とにかく今後も好きなものを描いていきたいと思っています。自分の小説を自分のイラストで再現するのも楽しいですからね。

2014年7月13日(日)

現在連載中の「港町の守護巫女」ですが、今回は2話分を一気に掲載しました。1話ずつではあまりに時間がかかると思ったからですが、少し読みにくいでしょうか? もう一つの巨大娘ものである「箱庭世界の巨大少女剣士」の方はしばらく休筆が続きそうです。早く再開したいのは山々なのですが、あまりにも仕事が忙しくて小説の方まで手が回っていない状況です。それなのに、それなのに……。次に書きたい長編の構想まで出てくるのですから洒落になりません。ちなみにその長編は異世界召喚ものでタイトルは「一千回目の桜」……になるかもしれません。巨大武器を操る小さめな女の子の話が書きたいなーと思っています。

7/17(木)にPSVITAで発売される「俺の屍を越えてゆけ2」の体験版を手に入れました。いやーこれはハマリそうで怖いです(笑)。まあ、「最高傑作」の一つと言ってもゲームの続編ですからね。オープニングを見ただけでドキドキものでした。また、家系を紡ぎながらの戦いが始まるんですね……(人間ダビスタという異名もありましたし)。最近のゲームもいいですが、こういういかにも「ゲーム」っぽいゲームはやっぱりいいものです。にしても、まさか15年もかけて続編が出るなんて思わなかった……。

2014年7月6日(日)

今日は新潟で開催されるガタケット参加の予定でしたが、仕事で疲れていたのであえて回避しました。本当は行きたかったのですが、体が大事ですからね……。申し訳ないです。さらに言いますと、来月の夏コミもスペースは確保したのですが、当の本人はほぼ確実に行けそうにありません。昨年に続いて友人にピンチヒッターを頼むことになると思います。とほほ……。

それ程忙しい状況なので夏コミ合わせの新刊は「期待しないで下さい」としか言えない状況です。書きたい話は沢山あるのですが……。

2014年6月22日(日)

どうにも仕事が忙しくて、調子がイマイチなのですが……何とか元気です。今回は「イラスト」のコーナーにちょっとした作品を追加しました。大したものではありませんが、とにかく気に入っているイラストです。まあ、自分で描きたいものが描けるというのはやっぱり幸せなことだな~と思います。私がイラストを描き始めたのは今から5年前、ペイントツール「SAI」とペンタブレットを手に入れたからです。それからこつこつと練習を続けてきて今に至ります。絵心ゼロからのスタートでしたが、意外となんとかなるものです……。

イラストついでにもう一つ。現在連載中断中の「箱庭世界の巨大少女剣士」ですが、キャラ紹介イラストを描こうかな~とも思っています。ゲームの攻略本などによくあるアレです(笑)。小説書き兼イラスト描きの強みを最大限活かせますからね。ただ、対象キャラが多いので時間がかかる上に描いている間に絶対絵が変わりそうですが。ちなみに描くつもりなのは薫・黒羽・沙耶・玲・ロッテ・リオン・ヒナ・ナターシャ(この他にプラスαもあるかも。未登場キャラですが)の予定です。……かなり大変そう。

2014年6月15日(日)

久しぶりに読みきり短編を追加しました。今回はファンタジー物の「地下室の魔王」です。宿屋の地下になぜか「魔王」がいるという話を聞いた勇者が勝負を挑む……という物語です。「勇者」という職業が確立している世界を舞台にして書いてみましたが、読んで楽しんでいたたければ幸いです。

今日は仙台コミケに参加してきました。やっぱり直接参加はいいものですね~。直接読者の方とも会えるので力がもらえます。今年は2月に骨折してしまったり、その直後に多忙になったりでなかなか参加できずにいますが、これからは時間をみて参加するようにしたいと思っています。ちなみに次のイベント参加は7/6のガタケットの予定です。「東方」でスペース参加する予定ですので、機会がありましたら是非寄ってみてください。

2014年6月8日(日)

先週は更新を飛ばしてしまい済みませんでした。仕事で思い切り疲れていて更新の事自体を思い切り忘れてしまいました。今週は何とか時間があったので何とかなりましたが……。これからも更新を忘れても生温かい目で目で見ていただければ幸いです。

トップページにも情報をアップしましたが、夏コミ当選しました! 今回は運が良ければ私自身も出られそうです。「東方」スペースですから是非とも参加して色々な人に会ってみたいです。冬コミはどうやっても無理そうですからね……。現在のところ、秘封倶楽部の小説本「かぐや姫にさようなら」の完全版を出したいと思っていますが、間に合うかどうかかなーり微妙なところです。まあ、何とか間に合わせて配布したいと思っていますが。

あ、来週は久しぶりに仙台コミケにスペース参加する予定です。

2014年5月25日(日)

どうにも忙しい日々が続いています。とりあえず一つ峠は越えたと思いますが……。来年5月までの長丁場なので身体がもつのか心配です。もう若くないのに……。多忙のせいで趣味の一つである鉄道模型にもなかなか手がつきません。ただ、5月に東京に行った時にはKATOのキハ82系をゲットしました。どちらかといえば国鉄時代の車両が好きな古い人間なのでこれからも増えそうです(既に485系と583系はありますが。後はやっぱり寝台特急かな……)。

「港町の守護巫女」第6話更新しました。ついに新守護巫女の佳奈が大活躍です。なんだか盛大に壊しているような気もしますが(笑)。しかも制服姿……。もちろんちょっと狙って描きました。ただ、本人たちは大真面目なんですけどね。これしか方法は無かったですし。これからも佳奈の活躍は続きますが、ハヤトの様子が少しだけおかしいのはもちろん伏線です。彼も色々ありますからね。いよいよ中盤に入りますが、これからもよろしくお願いします。

2014年5月18日(日)

5/5のコミティアならびに5/11の博麗神社例大祭、お疲れ様でした。どちらのイベントにも小説本は間に合いました。よくもまあ間に合ったものですが。5/11の例大祭はサークル応募数が減ったというので参加者も減るのではないかと思ったら全然そんなことはありませんでした。十代の参加者も多く、世代交代を進めながらもまだまだ人気は続いているようです。また、外国からの参加者も多かったらしいとのこと。ちなみに私自身もメリーのコスプレをした女性を見かけてたまげました(笑・だってとってもリアルだったから……)。「東方」はまだまだ安泰のようです。

2014年5月4日(日)

明日はコミティアです。個人的な事情で当分の間(約1年先まで)イベント参加はなかなか出来なくなりますので、少しでも楽しんできたいと思っています。5月のコミティアといえば一番賑わいますからね。にしても、その次の週に例大祭というスケジュールはどうにかならなかったのかと思いますが(笑)。お陰でオリジナル小説と東方の二次創作の挟み撃ちという最悪の状況に……。いやはや。

「箱庭世界の巨大少女剣士」今回連載分で第3話が終了しました。ただ、残念ながら色々と多忙であるため、申し訳ないですが、こちらの連載は当分休ませてもらいたいと思います。復帰予定は未定ですが、できるだけ早く戻ってくるようにしたいと思っています。物語自体はまだまだ続きますので気長にお待ちください(かつてホームページ上で「星の夢の終わりに」を連載していた時には複数回長く休みながらも何とか完結させたことがあります。2年3ヶ月かかりましたが(笑))。

2014年4月27日(日)

5月5日(祝)のコミティア108で配布開始の「箱庭世界の巨大少女剣士」第2巻(タイトルは現在考えています)の表紙をアップしました。なぜかヒロイン・薫が制服姿で巨大化していますが(笑)。まあ、来週には明らかになると思います。問題はまだかなりページが残っている点。5/11例大祭用の小説本「かぐや姫にさようなら」の予告編作成も残っているのに……。ちなみに「箱庭世界」は順調に長い話になりつつあります。どうしても私が長編を書くとこうなってしまいます。いいことなのか悪いことなのか未だに分かりませんが。

こんな調子なので鉄道模型レイアウトの制作はなかなか進んでいません。現在製作中の模型はどうしても筆塗りをしなければいけいないのでそれで止まっているようなところがあります。あと、初めて本格的にシーナリーを作りこむのでその練習も兼ねて小さなジオラマも制作する予定です。その製作過程も公開するつもりでいますが、この調子では完成はいつになるやら……。

2014年4月20日(日)

5月にコミティアと例大祭が控えているので、小説をまとめて書いています。コミティアではここでも掲載している「箱庭世界の巨大少女剣士」の第2話・第3話をまとめた本を出し、例大祭では秘封倶楽部が主人公の小説本「かぐや姫にさようなら」を出す予定でいます。いずれも無料配布ですが、問題はページ数。どちらも話が膨らんでかなーり長くなりそうです。いつもの事ながらどうしてこうなるのやら?

「箱庭世界の巨大少女剣士」は新キャラが四人登場していますが、そのイラストも描いてみました。某SNSには掲載済みなのですが……。どうにも納得のいく出来ではないので機会があったらまた描き直したいと思っています。急いで描いたのが祟ってデッサン狂いがいつもより酷かったので。いやはや、まだまだ修行が足りません。

久しぶりにイベント参加予定を更新しました。6月に仙台、7月に新潟と仙台、8月に山形を追加しています。全て参加できるか分かりませんが、極力参加したいと思っています。やはり地元のイベントにも参加してこそのサークル活動だと思っていますので……。

2014年4月13日(日)

トップページでも触れていますが、今週から「港町の守護巫女」の再連載を開始します。かつて同人誌で発行したものと同じものですが、既にかなり前の事ですのでもう一度ここに連載したいと思います。というわけで、久しぶりに佳奈&琴美のふたりを描いてみました。実は初めて描いた自分のオリジナル小説のキャラがこの二人だったのでやっぱり思い入れがあります。……まあ、えらく絵は変わりましたが(ちなみのその絵は某SNSにまだあります)。

「箱庭世界の巨大少女剣士」は今回から異世界の吸血鬼・ミアキス姉妹が登場します。かつてネタを貰って「東方」の二次創作に引っ掛けて書いた(描いた)ことがあるのですが、今回はオリジナルキャラとして登場してもらいました。登場までかなりかかりましたが、その分設定も充実したのでかなり書きやすくなりました。ちなみにキャラの原案は「箱庭世界の巨大少女剣士」の原案でもある神風さんから出してもらっています。他の人からアイデアを貰うとやっぱりいい刺激になります。

2014年4月6日(日)

昨年6月から連載を続けていた「星の夢の終わりに」が今回で完結しました。全78話、自分が書いた小説で一番長い作品なので色々と愛着があります。今のところ再度の連載は考えていないのでこれでお別れとなりそうです。非常に長い作品で、実際に書いた時も2年3ヶ月かかってしまいましたが、今でも大好きな作品の一つです。この機会に読んでもらえるととても嬉しいです

「箱庭世界の巨大少女剣士」は今週から第3話に入ります。今回は異世界アヴァロンファンタジーにいる吸血鬼姉妹を訪問する話が軸となりますが、その前に作中における吸血鬼の設定についても触れています。思ったよりも複雑な情況で、黒羽が異世界の吸血鬼と交流する理由もなんとなく分かるかと思います。

来週からはかつて同人誌でも発行したオリジナル巨大娘長編小説「港町の守護巫女」の再連載を開始します。とある地方都市を護る巨大化能力を持つ少女たち……守護巫女の活躍を描いていく物語です。お楽しみに!

2014年3月30日(日)

毎週のようにイラストを描いていますが、その際にどうしても必要となるので「photoshop」を最新版にしました。まあ、期間限定で安かったからですからね。実際に使ってみるとインターフェースも変わっておらず、特に違和感なく使いこなすことが出来ました。最新版の魅力はとにかくいろいろな機能があること。「photoshop」はとにかく使う場面が多いので、いい買い物だったと思っています。……もっとも、日本以外ではプロユースのソフトのはずなんですけどね(笑)。

「箱庭世界の巨大少女剣士」は今回の連載分でようやく第2話終了です。巨大化して、街を破壊しながらの戦いの中で薫と玲の間に何かが芽生えつつあるようです。玲のようなキャラを書くのは初めてでしたが、なかなか楽しかったです。本人も言っているように姿は女の子ですが、心も体もれっきとした少年です。これからも大きく物語に絡んできますので、今後の展開をお楽しみに!

2014年3月23日(日)

トップページにも書きましたが、5/11開催の「博麗神社例大祭」にスペース参加します。「すいかやさん」と合同です。秘封倶楽部が主人公の小説本第2弾「かぐや姫にさようなら」の体験版を新刊として無料配布する予定です。前作では秘封倶楽部と霊夢の組み合わせを書いてみましたが、今回はタイトルの通り永遠亭組(特に輝夜)との絡みを書いてみたいと思っています。また、脇役として岡崎教授とちゆりも登場します(蓮子の友人という設定。ちょっとだけ活躍する予定)。今から頑張って書きますのでお楽しみに!

連載中の「箱庭世界の巨大少女剣士」はようやく薫と玲の巨大化対決の場面まできました(遅くなって申し訳ないです……)。いつものように吸血鬼ハンター時代の衣装に身を包んだ薫は、少女の姿を少年メイドの玲と戦います。いつもの事ながら舞台となる架空の街はめちゃめちゃになりますが、今回のゲームには<破壊力>も問われるため、まあ仕方ないかもしれません(笑)。……そう言えば、巨大化して戦う場面に力を入れ過ぎた関係で作中における吸血鬼の設定について詳しく触れていなかったので、第3話から触れるようにしていきます。第3話では「三人目・四人目の吸血鬼」が登場します!

2014年3月16日(日)

手首の具合は少しずつ良くなっています。サポーターも外すことが出来るようになり、車の運転もようやく再開しました(まだ少しだけ痛みはあるのですが(笑))。手首の動きは完全とは言えず、まだまだリハビリは続けないと駄目ですが、ほぼ完全復帰です。

最近忙しくなってきて、小説がなかなか進みません。「箱庭世界」は少しずつ書き進めていますが、もしかすると休みが発生するかもしれません。その時はまたお伝えします。「星の夢の終わりに」はもう少しで完結です。この後には同人誌で発表した巨大化少女もの「港町の守護巫女」の連載も開始しますのでお楽しみに。

2014年3月9日(日)

右手首の状態は少しずつ良くなっています。毎日リハビリに通っていますが、ようやく手前にはある程度曲がるようになりました(逆向きにはほとんど曲がりませんが)。まだ車の運転も出来ず、ちょっとだけ困っています。でもまあ、創作活動は普通にできるようになっただけでもマシというべきかもしれません。

久しぶりに鉄道関連のブログを更新しました。手首の骨折のせいですっかり過去の出来事になってしまった感もある寝台特急「北斗星」乗車記です。興味があれば是非覗いてみてください。

2014年3月1日(土)

不慮の事故があってしばらく更新を休んでいました。コミティアに参加した数日後、会社からの帰りに凍結した路面で転倒して右手首を脱臼骨折してしまいました。手首の関節が完全にずれてしまい、応急処置でも元に戻らなかったことから入院して手術を受ける羽目になりました。その後、ギブスによる固定状態を経て、今はサポーターで手首の部分のみを固定しています。その為、イラストを描いたりパソコンで文字を入力することは可能になりました(マウスは左手で操作していますが)。いやはや、凍結した路面には気をつけましょう……。

今回は「箱庭世界の巨大少女剣士」第2話の3回目、ならびに「星の夢の終わりに」第5部(完結編)の序盤を更新しました。「星の夢の終わりに」はいよいよラストへ向かっていきます。お楽しみに!

2014年1月26日(日)

「箱庭世界の巨大少女剣士」第2話の2回目を更新しました。今回はかつて黒羽に従者として仕えていた少女「七瀬」にまつわるお話です。既にこの世にはいないのですが、後に重要な役割を果たすことになります。次回はいよいよ新たな吸血鬼の沙耶とその従者が登場します。
「星の夢の終わりに」
は今回で第4部「秋」編完結です。次からはいよいよ最後の第5部に突入します。長くかかりましたが、こちらはあと少しです。

申し訳ありませんが、来週はコミティアに参加するため、このホームページの更新はお休みさせてもらいます。

2014年1月19日(日)

今日から「箱庭世界の巨大少女剣士」第2話の連載を開始します。当初はコミティアなどで発表してからこちらに掲載する予定だったのですが、心待ちにされている方も多いと思い、まずはこちらに掲載することにしました。2月のコミティアは参加しますが、それ以降の参加予定はかなり不透明ですし……。予定では第2話と第3話はまとめて掲載する予定です。なお、次回の更新は来週1月26日(日)前後になります。

2014年1月13日(月)

心待ちにしている方もいらっしゃると思いますが、「箱庭世界の巨大少女剣士」第2話は来週1/19(日)から連載を開始します。今現在書いている最中ですが、何とか目処がたちましたので。まさかこんなに待っている方がいらっしゃるとは思いませんが、頑張って書いています。タイトルは「少女のような少年」です。日本国内で黒羽に次いで実力のある吸血鬼の少女・沙耶(さや)とその従者が登場します。お楽しみに!

2014年1月5日(日)

日曜日なので通常通り更新しました。冬コミ効果なのかホームページへの来訪者も多くて気合が入ります。そろそろ終盤に差し掛かってきた「星の夢の終わりに」ですが、この後に連載する作品についても考えています(といっても既に発表済みの作品ですけれどね)。今のところ、巨大娘ものであり普通にオリジナル作品でもある「湊町の守護巫女」にしようかと思っています。かつて同人誌で出したのですが、諸般の事情でお蔵入りになってしまったのでせめてホームページ上でも復活させられないかと思っています。
今年5月に開催される例大祭に「すいかやさん」と合同1スペースで申し込みました。サークル名はずばり「すいかやさん&木蘭優駿」です(笑)。「すいかやさん」のゲームと私の小説が中心です。スペースが決まったらまた連絡します。

2014年1月1日(水)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
冬コミは告知もしなかった上に、本人が不在だったのにも関わらず多くの人に来ていただき、大変感謝しています! やはり新刊を楽しみにされていた方もいらっしゃったとかで、こちらとしては嬉しい限りです。今年も頑張って創作活動を続けたいと思っていますのでどうかよろしくお願いします。
トップページでも触れていますが、「箱庭世界の巨大少女剣士」は現在第2話を執筆中ですので、完成次第連載形式でこのホームページにアップしたいと思っています。ただ時間が無いので次のコミティア(2/2)には間に合わないと思います……(次は第2話・第3話セットで掲載する予定ですので)。
「東方」関連では、今年5月に開催される例大祭に「すいかやさん」と合同1スペースで申し込む予定です。今のところ、秘封倶楽部が主人公の小説シリーズ第2弾「かぐや姫にさようなら」を新作として出したいと思っています。前回は秘封倶楽部と霊夢の組み合わせでしたが、今回は輝夜が密接に関係するお話になります(もちろん輝夜本人も登場します)。

2013年12月1日(日)

今回は「箱庭世界の巨大少女剣士」第1話―(5)と「星の夢の終わりに」第50話~第52話を掲載しました。今回連載分で「箱庭世界の巨大少女剣士」は一度連載終了となります。次回は来年2月に第2話「少女のような少年」第3話「異郷の友、異郷の従者」を連載しますのでお楽しみに!

2013年11月23日(土)

今週は新潟で開催されるガタケットに参加する関係で早めに更新します。さらに言うならば新潟県立近代美術館で開催される「特撮博物館」も見てきます。東京で開催された時には見られなかったので今から楽しみです。分かる方はわかると思いますが、私が30~50倍サイズの巨大娘を好むのは特撮の影響も大きいですからね。色々見てみて勉強してきたいと思います。
今回は「箱庭世界の巨大少女剣士」第1話―(4)と「星の夢の終わりに」第48話・第49話を掲載しました。「箱庭世界」はいよいよ巨大娘たちによる街壊しバトルの始まりです。巨大な少女たちによる怪獣のような戦いをお楽しみ下さい。「星の夢の終わりに」は今回から「秋」編です。このパートのラストで真相はほぼ明らかになります。

2013年11月17日(日)

先週は更新を飛ばしてしまい申し訳ありませんでした。気がついた時には時間が無くてやむなく見送りました。諸般の事情により週末以外は更新できないためでご了承ください。
さて、今回は「箱庭世界の巨大少女剣士」第1話―(3)と「星の夢の終わりに」第45話から47話を掲載しました。「箱庭世界」の方は次からいよいよ目玉である巨大少女たちによるバトルが始まります。今回はその前段になります。長編の場合はこういう部分も大事ですので。「星の夢の終わりに」はようやく第3部「夏」編完結です。来週からは第4部「秋」編に入ります。

2013年11月 4日(月)

「箱庭世界の巨大少女剣士」第1話―(2)アップしました。この作品のアップを始めたところ、多くの方に来訪していただき、大変感謝しています。今回は第1話終了までの短期連載ですが、お付き合い願いたいと思います。他には「星の夢の終わりに」も更新しました。こちらはやっと第3部完結が見えてきました。まだまだ続きますが。
少し前でも触れている「上杉蒼太の鉄道日記」は新たに天体観測に関する話も入れることにしました。自分で撮影した写真が中心となっていますが、興味のある方は是非お越しください。⇒「上杉蒼太の鉄道日記」。まだ着手していませんが、そう遠くない内にモジュールレイアウトの建設記も載せたいと思っています。

2013年10月27日(日)

今日からオリジナル小説の新作「箱庭世界の巨大少女剣士」の連載を始めました。とてっても、今回の連載ではプロローグと第1話のみです(全9話予定)。吸血鬼ハンターであるヒロイン・薫が標的の吸血鬼・黒羽に破れてその従者になるまでを描きます。完結まで時間がかかると思いますが、どうかよろしくお願いします。

2013年10月13日(日)

10/20配布開始の新刊「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」の表紙をアップしました。いよいよ来週から頒布開始です。この話も長くなりそうですが、まあ気長にお付き合いいただければと思います。10/27からはこのホームページ上でも同じ内容を連載しますので、もしイベントに来ることが出来ない方はこちらをどうぞ。にしても、ヒロイン・薫の雰囲気が前と全く違うものになってしまった(笑)。
新たに鉄道全般と鉄道模型(Nゲージ)のみを話題とするブログを立ち上げました。⇒「上杉蒼太の鉄道日記」
鉄道関連の話しかしませんので興味のない方にはつまらないかもしれませんが、特にNゲージが好きな方は大歓迎です。同好の方はなかなかいませんので。いずれはレイアウト製作日記も掲載したいなーと夢見ています。
読みきり短編は大正物の「夢幻義経記」をアップしました。「マリみて」がヒントになっているのは一目瞭然ですね(笑)。それに大正時代に実際にブームとなった「義経=ジンギスカン説」をくっつけてみた物語です。まあ、実際は二人の少女の百合百合な話が書きたかっただけです。

2013年10月6日(日)

10/20のコミティアにサークル参加しますが、新刊「反逆の従者―箱庭世界の巨大少女剣士―」はなんとか間に合う目処が立ちました。ただ残念ながら時間の都合で第1話のみの掲載となります。色々とあったのですが、楽しみにされていた方にはちょっと申し訳ないです。第2話と第3話は1巻にまとめて2月のコミティアにでも出せればと思っていますがまだなんとも未定です。

2013年9月22日(日)

今回トップのイラストは初めて「艦これ」のキャラを載せました。駆逐艦ではこの子が一番ですね。このゲームでは空母系のキャラが全体的に好きなのですが、他の艦むすたちの本当にいい味を出していると思います。ちなみに空母で好きなのは正規空母の赤城(大食いの女王でもマジで強い)、軽空母の龍驤・鳳翔といったところです。重巡は羽黒がお気に入りです(中破時の台詞は色々とヤバイですが(笑))。週末ぐらいしか出来ないので、ゆっくりと攻略中です(ちなみに今は2―4攻略目指してレベリング中。やっと陸奥が改造できた……)。
連載中の長編小説「星の夢の終わりに」は今回から第3部「夏」編です。いや長い長い……。まあ、私が書いた中で一番の長編ですから無理ないですが、ゆっくりとお楽しみください。今見るとアレなところもありますが、大好きな作品なので。

2013年9月16日(月)

3連休で余裕があるので、今日更新します。
長編「星の夢の終わりに」はようやく(?)第2部完結です。まだまだ物語は続きます(自分で言うのもあれですが、長い作品です……。だから気に入ってるのですが)。短編は自分にしては珍しい現代ものである「日曜日は二日酔い」を掲載しました。第74回日本ダービーの行われた日曜日をテーマにした物語です。そいういえば、ウォッカの初仔(父・シーザスターズ)の名前が「ボラーレ(スペイン語で「飛び立て」)」に決まりましたね。どうやら年末から来年早々にデビューするようで今から楽しみです。にしても、調教前とはいえ体重590キロって……。もしかしてダイワメジャーより重い体重、ヒシアゲボノ級の馬体でレースに出るのでしょうか?

2013年9月8日(日)

またもや更新が飛んでしまいました。本当は先週更新する予定だったのですが色々ありまして……。まあ、とにかく今後は少しでもペースを落ち着かせていきたいと思っています。
夏コミ合わせの新刊「思い出の夏―秘封倶楽部活動録―」は8/25の仙台コミケから無料配布を開始しています。今後、コミティア以外のイベントで配布していきますのでよろしければどうぞ。次はコミティアですので、11/24(日)のガタケットで配布します。このイベントでは「東方」でサークル参加します。ちょうど新潟県立近代美術館で特撮博物館も開催されていますからね(これが見たくて仕方ない! 特撮好きだし、巨大娘物を書く(描く)上で非常に参考になりそうだし)。

2013年8月18日(日)

先週の夏コミは体調がイマイチだった為、参加自体を見送らせてもらいました。まあ、あの暑さの中で回ったら大変なことになったんじゃないかという気がしますが。そういうわけで、夏コミ合わせの新刊は8/25の仙台コミケ合わせで出す(無料配布)つもりでいます。あと、冬コミは「東方」で申し込みしますが、12/30(2日目)なので本人は不参加です。今年は巡り合わせが悪過ぎます……。オリジナル小説の方はコミティアで配布しますので、詳細が決まりましたらまた連絡します。

2013年8月4日(日)

今週は大変申し訳無いですが、小説の更新はお休みさせてもらいます。またもやホームページの更新を忘れそうになってしまい、時間があまり無いので……。
来週は夏コミ本番につき更新自体を休ませてもらいます。例大祭で体験版を発行した「東方」の秘封倶楽部が主人公の小説本「思い出の夏」は、サークル「すいかやさん」にて無料配布する予定です。スペースNOは「U―14a」、3日目(8/12・月曜日)の「東方」スペースです。ゲームを色々と扱っていますので、是非寄ってみてください。私の小説はついで程度でもいいですので(笑)。

2013年7月21日(日)

今週は読みきり作品の更新はお休みさせてもらいます。うっかりホームページの更新を忘れそうになってしまい、時間があまり無いので……。
長編「星の夢の終わりに」は今回から第2部スタートです。今回の舞台はナヴァール岬の幽霊屋敷が中心になります!

2013年7月14日(日)

「イラスト」に過去の看板イラストを掲載するようにしました。ついでに簡単な解説なども入れています。「東方」のイラストが中心ですが、キャラなどがよく分からない方もいるはずですので。でも、このホームページに来る方で「東方」を知らない人はかなり珍しいかも……(未だに人気の衰えない作品ですからね。夏には新作「東方輝針城」も出ますし)。
今週の読みきり短編はファンタジー短編の「たった二人の反乱」です。二人の少女はなぜ、国を相手に「反乱」を起こしたのか、そしてその顛末はどうなるのか? 是非読んでみて下さい。
長編「星の夢の終わりに」は今日アップした分で第1部完結です。来週から第2部「春」編がスタートします。

2013年7月7日(日)

今週の読みきり短編は中国風世界を舞台とした「柳の下の宝物」です。科挙について書かれた本を読んで思いついた短編で、幽霊にまつわるエピソードもその本から参照にしています。幽霊の白糸のモデルは言わずと知れたゆゆ様……「東方」の西行寺幽々子ですが。まあ、ゆゆ様も亡霊ですから似たようなものです(笑)。
長編「星の夢の終わりに」の方はジョゼ登場のエピソードです。この砂色の髪をもつやんちゃな少年も深く物語に関わりますので注目です。ちなみに、来週更新の分でストーリーは最初の区切りを迎えます。といっても、まだまだ続きます!

2013年6月30日(日)

今回から読みきり短編の掲載も始めました。最初の作品は一番新しい作品である「おとぎ話は終わらない」です。この話は旧HPでも公開していなかったのでネットには初登場となります。昨年の作品ですが、そう言えば昨年、最初から最後まで書いた作品はこれだけだったような……。小説の書き方が分からなくなるのも無理ありませんね(?)。今年は既に「26センチ差の友情」を書き上げて、夏コミ合わせで「思い出の夏(「東方」二次創作)」、冬コミ合わせで「かぐや姫にさようなら(同)」、そして「反逆の従者―箱庭世界の巨大剣闘士―」を書く予定なのでほぼ完全復活といってもいい状況です。とりあえず、「思い出の夏」を完成させますね。

2013年6月16日(日)

オリジナルファンタジー長編小説「星の夢の終わりに」の連載を開始しました。旧ホームページ「地球の一里塚」にも連載していた作品です。全78話という非常に長い物語ですが、私自身非常に気に入っている作品です。これから毎週末・休日に数話分まとめて更新していきたいと思います。
他の作品(長編・短編)についても随時復活させていく予定ですのでお楽しみに!

2013年6月9日(日)

夏コミ(コミックマーケット84)は落選してしまったので、「木蘭優駿」としての参加予定はありません。
ただ、例大祭10で「体験版」を配布した秘封倶楽部が主人公の小説「思い出の夏」は、3日目(8/12)サークル「すいかやさん」に委託させてもらうことになりました。もちろん、無料配布となっていますので、お気軽に立ち寄ってください!

ただ、当初夏コミから配布開始予定だったオリジナル巨大娘小説「反逆の従者-箱庭世界の巨大剣闘士(グラディアトル)-」は配布不可能となってしまいましたので、この特品についてはこのホームページ上で閲覧またはダウンロード可能なようにしたいと検討しています。詳細は決まりましたらまた連絡します。

ちなみに冬コミは「東方」でスペースを取って、秘封倶楽部が主人公の小説第二弾「かぐや姫にさようなら」、可能であれば「箱庭世界の巨大剣闘士」の2作目も無料配布する予定です!
(今度は落選しなければいいんですけどねえ……)