エピローグ ここがわたしの居場所

 スイートルームに直結するエレベーターの前まで来ても、藤    
間響はいつになく緊張していた。
 その能力の高さだけでなく、精神的な<強さ>も吸血鬼ハン    
ターにふさわしいと言われている少女だったが、これから会う    
相手のことを考えれば無理もなかった。
「杏梨は緊張してない?」
 エレベーターの階数表示が少しずつ減っていくのを見つめな    
がら、響は隣に立ついとこに話しかけた。
「緊張してると言えば緊張してるけど……。あたしは一度会っ    
 てるからそれ程でもないわね。その時は普通に言葉を交わし    
 たし」
「ボクは戦っただけだからね。言葉なんか交わさなかったし、    
 箱庭に放り込まれてあっという間にやられたし」
「だったわね……。でも大丈夫よ。薫もいるんだから」
「うん……。お姉ちゃん、本当に黒羽の従者になったんだね」    
「あたしはそれでよかったと思ってるわ。藤間の家に居たって    
 いいこと無かったじゃない」
「そうだけどね……」
 曖昧に響が頷くのと同時に、エレベーターが到着して扉が開    
いた。
「藤間杏梨様と藤間響様ですね。黒羽様がお待ちです。どうぞ    
 お乗りください」
 中に乗っていたのはダークスーツのよく似合う長身の青年だ    
った。初対面とはいえ、相手のことを知っている杏梨が響に代    
わって返事する。
「今回は招待してもらってありがとうございます。貴方が……    
 執事の寺尾さんですか?」
「はい。お二人のことは薫さんからよく聞かせてもらっていま    
 す。ずっと助けてもらってたと嬉しそうに話していました」    
「薫らしいね。……響、行くわよ」
 二歳下のいとこが無言のまま頷くをの確かめて、杏梨はエレ    
ベーターに乗り込んだ。
 青年執事とふたりの少女を乗せて、エレベーターは最上階の    
スイートルームへと向かって上昇する。
「黒羽……さんはずっとこのホテルに滞在してるのですか?」    
 沈黙を破るように、杏梨が口を開く。
「ええ。ご存知のように屋敷はほぼ倒壊してしまいましたし、    
 再建が終わるまでは仮住まいです」
「日本屈指の最高級ホテルのスイートルームが仮住まいだなん    
 て凄い身分なんですね」
「このホテルは烏丸グループの系列ですから問題ありません。    
 まあ、黒羽様の派手好みには私も困っていますが」
「執事の貴方が困ってるんですか?」
「一番困っているのは薫さんだと思いますよ。なにしろ、一番    
 近くで黒羽様の我儘に振り回されてますからね」
 そう言って、寺尾は微笑した。
 どこか冷たい印象のあった青年執事の人間味あふれる笑顔に    
響はかなり驚いたようだった。
「それでも……姉は側にいるんですか?」
「ええ。黒羽様を支えられるのは自分しかいないと張り切って    
 ます。実際にお会いになってみれば分かります」
 小さな電子音と共にエレベーターが停止した。ゆっくりと開    
いた扉の奥にいたのは……。丈の長いメイド服に身を包んだ薫    
だった。
「響、久しぶり! すっかり元気になったみたいね」
「お姉ちゃん……」
「杏梨も久しぶり。元気そうね」
「まさかと思ってたけど、本当にメイドになってたのね」
「どう? 似合う?」
「似合うけど……。それだと従者なのかメイドなのかはっきり    
 しないわね」
「一応両方なのよね。ま、この服装は黒羽様の趣味だけど」
「薫さん、立ち話は後にして案内をお願いします」
「……あ、ごめんなさい。つい夢中になっちゃって……」
 慌てて我に返ったかのように、薫は赤面した。それでも、す    
ぐに気を取り直すと響たちを案内する。
「お姉ちゃん、怪我は大丈夫だった?」
「酷かったけど、命には別条はなかったから。それに……吸血    
 鬼の眷属になると怪我の治りとかが早いの」
「だったね。ボクがもっと……」
「はっきり言うけど、響でも黒羽様には勝てなかったわ。たと    
 え箱庭の中に放り込まれなかったとしてもね。だからこうな    
 るのは必然だったのよ」
 妹の言葉を先読みして、薫は言い切った。
「むしろわたしが黒羽様の側にいるのは藤間の家にとっても非    
 常にいいはずよ。なんたって、邪悪な吸血鬼を狩る時協力し    
 てくれるんだから」
「だからボクたちを呼んだの?」
「そういうこと。だから響にも来てほしかったのよ。なんたっ    
 て次世代のエースなんだから」
 そんなやり取りをしているうちに、薫は重厚な扉の前で立ち    
止まった。
「黒羽様がお待ちよ。中にどうぞ」
「お姉ちゃんは?」
「わたしも入るわよ。でも響と杏梨は客人だから先にどうぞ」    
 一瞬だけ、ふたりの少女は顔を見合わせた。しかし、すぐに    
響が意を決したように部屋の中へと入っていく。
「……」
 内部へと足を踏み入れた瞬間、響はその内装に圧倒されて声    
も出なかった。今まで超一流ホテルのスイートルームに入った    
ことが無かったから無理もなかったが……。
「よく来てくれたわね。歓迎するわ」
 かつて戦った少女吸血鬼が親しげに声をかけてきて、響は思    
わず眉をひそめた。杏梨と違って、よい印象はまったく無かっ    
た。
「響に会うのは久しぶりね。あの対戦の時以来かしらね」
「……」
「あの時は本当に済まなかったわね。あれしか方法が無かった    
 から仕方ないけど……。申し訳ないと思ってるわ」
 突然、黒羽の口調が変わったかと思うと、明確な謝罪の言葉    
が発せられて、響は呆然となった。杏梨も驚きを隠せないでい    
るようだったが、黒羽は真顔で続ける。
「だから今後、藤間の家には全面的に協力させてもらうわ。薫    
 から話は聞いているけど、人間を襲う吸血鬼たちに手を焼い    
 ているそうね」
「……そうだけど……」
「だから今日は話がしたかったのよ。薫、お茶の準備をして。    
 紅茶は寺尾に直接淹れてもらうのよ」
「分かりました。春奈さん特製のケーキもお出しします」
「当然じゃない。さ、座って座って。貴方たちとじっくりと話    
 をする機会を楽しみにしてたのよ」
 強心臓の響も、黒羽のペースには勝てなかった。言われるま    
まにソファーに腰掛け、話を聞く羽目になったからである。
「黒羽様はすっかり元通りですね」
 従者……というより、メイドらしくお茶の準備をしながら、    
薫は後から入ってきた寺尾に話しかけた。
「全ては薫さんのお陰です。貴方が沙耶を討ったからです」
「黒羽様の協力が無かったら勝てませんでした。まさか、沙耶    
 に本物の炎の魔法をかけるなんて手を思いつくなんて……」    
 戦いの後、黒羽から作戦の内容を聞かされて、本気で驚いて    
しまった。
 沙耶が突然動きを止め、混乱したのでもっと大がかりな手を    
使ったと思っていたのだった。
「貴方だって似たような反応をしたじゃない。初めて箱庭の中    
 で戦った時、架空の都市が本物とリンクしてると嘘をついた    
 ら大慌てだったじゃない」
「それであの作戦を思いついたのですか?」
「そういうこと。架空の世界に<本物>を持ち込むと誰だって    
 慌てるものね。マッチ一本程度の炎でもあんなに効果がある    
 んだから」
 そう言って黒羽は強がり半分笑ってみせたが、薫は作戦の単    
純さに内心呆れてしまったのだった。
 ……でも、だからよかったのかも。沙耶は策を弄しすぎて自    
滅したようなものだから。スノウ様も言ってたわね。自分の実    
力を越えた策はきっと破滅すると……。
 異世界のロッテから連絡があったのは、沙耶を倒した翌日の    
ことだった。苦労はしたものの、何とか領地を守ることには成    
功したそうだった。
 でも、沙耶の背後に誰がいたのか分からないまま……。セブ    
ンシスターズの誰かだと思うけど、証拠も無いし。とにかく今    
は……。
「薫さん、お茶の準備ができました」
 突然、寺尾の声が耳に入って、薫は弾かれたように顔を上げ    
た。リボンで束ねた髪を揺らしながら振り向き、紅茶のカップ    
が載ったトレイを受け取る。
「ありがとうございます。すぐに持っていきます」
「お願いします。……ところで、そのリボンは……」
「気づきました? 玲がしていたものです。勝手に形見分けで    
 貰ったんです。……助けられなかったし」
「黒羽様も不可抗力だったとおっしゃってたんです。気にする    
 ことはありません」
「そうですけど……」
 表面上は明るく振舞っていたが、薫の中では玲に対する複雑    
な感情は消えていなかった。
 おそらく、一生消えることはないのだろう。
 主人に最後まで忠義を尽くしたのに、その主人に裏切られて    
散っていった少年従者への思いは……。
「わたしは幸せだと思うんです。本当にわたしを必要としてく    
 れる人がいて、その人の為に生きられるんですから。ここが    
 わたしの居場所なんです」
「薫さん……」
「玲の分も生きると決めたからこのリボンをすることにしたん    
 です。……黒羽様は気づいてないようですけど」
「気づいてるに決まってるじゃない。色が違うんだから」
 響たちと話をしていたはずの黒羽の声が飛んできて、薫は反    
射的に首をすくめた。いつの間にか、主人の少女吸血鬼が目の    
前に腕組して立っていた。
「お茶が来ないから様子を見に来たらたべってるんだから。早    
 くして」
「響たちにも聞こえますよ、そんな声を出すと。日本最強の吸    
 血鬼としての威厳が無くなります」
「もう手遅れよ。丸聞こえなんだから」
 黒羽の肩越しに、響と杏梨の姿が見えた。二人とも、笑いを    
堪えるような顔をしている事に気づいて薫も噴き出す。
「それよりお茶早くして。後、貴方も話に加わって。今後のこ    
 とを決めるから」
「承知しました」
「……。ずっと、頼りにしてるわよ」
「はい!」
 ぽつりと漏れた黒羽の本音に、薫は大声で返事した。
 ようやく自分の居場所を見つけた少女に、もはや迷いは存在    
しなかったのだった。

                       (終わり)